無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

61.
ジュン、ミンハオが帰宅して3日たった頃











🍊『そういえばディノ最近いないよね』

🇺🇸『確かに仕事?』

🍒『ディノは今実家に帰ってる』

🍊『うわ、僕も帰りた〜い』

🍒『いつか休み取って帰りな‪w』



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈








🦊『はぁ…』

🍚『ウォヌしっかり、ディノはまだ生きてるよ』

🦊『…』

🍚『考えてみ?』

『社長の時は0人目でその後1人目っていう手紙が届いたんだそれはきっと殺したから』

『だからきっと殺さない限り手紙も、メールも日記も更新はないんじゃないかな』



🦊『じゃあ次そのどれかが来たらディノは』


🍚『それはどうだろうな、社長はしっかり俺らの目で本人見てるからな』

『もしかしたら殺さずに人質かのようにしてるかもだし』

🦊『…そっか』






バーンッ🚪




🐱『ウォヌ!お出かけしよ!』

🦊『ジュナ!?』

🐱『早く!玄関にいるよ!』









🍚🦊『…‪w‪w‪w』


🍚『ほら、早く行け‪w』
『きっと気分転換にでもってことだろ‪』


🦊『わかった行ってくる』







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈







🐰『ねぇハニ、ディノはどこに行ったの?』

👼『へぇ??』

🐰『ここ1週間見てないけど』

👼『さぁ…知らない』

🐰『隠し事はダメだよ?ハニ』

👼『あぁ…シュアにはかなわないな‪w』

『下の子には秘密にしてね絶対』

『僕達で守らないといけないから…』