無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

26
別の日


ーリビング




🍒『んー、』


👼『どったのスンチョル』


🍒『んー?やっとデビューできるなぁって思って』


👼『…そうだねぇ長かったね』


🍒『俺とウジは特にだよ‪w』


👼『2人ともダンス壊滅的だったもんね‪w』


🍒『やめろ恥ずかしい‪w』


👼『なーに今もでしょ?‪w』


🍒『しーッ‪w‪w‪w』



コトンッ📮



👼『ん?手紙きたのかな、取りに行ってくるね』

🚪


🍒『うん、よろしく___あっハニッ』








バンッ🚪




👼『ちょっとスンチョルッこれ!』



👼『なんなのこれ、怖いんだけど』



🍒『ハニ、その黒い封筒に何入ってた…?』



バサッ


👼『これは全部社長の写真‪←』



🍒『え、社長?』


🍒👼『なぜ?』



パラッ📄

👼『ん?』





1人目_____






👼『1人目って何?』


🍒『次は、1人目?』


👼『スンチョル、何か知ってるの?』


🍒『うーん、0人目って書いてる紙は見たけど』


👼『なんかあった?』


🍒『いや特になかったけど』


👼『そっかなんか怖いねしまっとこ』


🍒『そうだな何かあった時に見返そう』
















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ー夜中ー



🚪




スタスタ👣




🚪
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈