無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

37


🐶『ここだね』

🐴『入るか』




ドアに手を差し伸べ______













『何してるの?』










れなかった____。














🐶『あ、ウォヌヒョン、ジュニヒョン』
『あなたの部屋を掃除しようと思って』

🐴『そうそう、あれその後ろは…』

🐴『あらぁウジヒョンッ』←死刑確定





🍚『おい、しめるぞ』




🐴『きゃー怖んい』←





🦊『その部屋に入るのはやめとけ』


🐱『そうそう君達が入るような部屋じゃないよ』


🍚『後悔するぞ』



🐶『大丈夫ですってぇいつも皆のきったなぁぁぁい部屋見てるんで』

🦊『んー、それとはまた別でなぁやめといた方がいいぞ?』

🐱『ほんとそれとは別』

🍚『お前の部屋も汚いのによく言うわほんと』




🐶『ヒョン達よりは綺麗ですー!』









🍚🐱🦊『ハイハイ』







🐴『うん、やめようミンギュ、みんな怒ってるから』
『諦めようね、』




🐶『むきーッ(((がルルル』


🐴『こらこら行くよー』











┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
















ドギョム、ミンギュが立ち去った後












🐱『…いやぁ何とかそししたね‪w』

🍚『ちょーっと腹たったけどな‪w』

🦊『それはチビだから』

バシッ

🦊『いた、』

🍚『お前が悪い』


🐱『‪、、じゃあ入ろう』






🚪