無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

6


ウジside









こわかった







殺されるんじゃないかってくらい勢いよく
壁に押し付けられた







ーー

『いや、ここの板…』



ドンッ




🥀『部屋見たんでしょ?』
『何がありました?』
















そうニコニコ言いながら俺の手首がっつり




掴まれた爪痕付くくらい














ーー








ちょうどミンギュが来たから
だから離して貰えたけど…
絶対勘違いされてる

あいつの事だ










そこまで正確には見てないけど
確かに俺らの写真が貼らさってあった
真っ赤に染まってるのもあったな…(しっかり見てる)

俺らなんかしたか?この数日で


いや、それだったらあんなに真っ赤な写真
あるはずない












🍚『見るんじゃなかった…』


🐱『何がー?』



🍚『!?…いや、なんでもないよ』



🐱『嘘だ〜なんかある時は部屋から出てくるもんウジは』


🍚『…よく見てるな‪w』