無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第90話

87.


ジュンが1人で仕事に行ってから数時間…
一応家督で着いたら連絡してって
入れといたんだけど…
全然連絡きませんが?




👼『奴は何してるんだ…まさか、そんなわけ無いよね』



🐸『ヒョン……』



👼『…?どうした?』



🐸『ジュニヒョンから連絡が来ないんです…』



👼『ハオもか…』

『マネヒョンに連絡してみようか』


🐸『はいッお願いします』






👼(📞^o^)トゥルルルルル…




『お、どうした』

(📞^o^)あ、マネヒョンジュンはなにしてますか

『寝てるけど?』


(📞^o^)あぁ、わかりました


『どうした』


👼あ、いや着いたら連絡してって言ったんですよ、でもぜーんぜんこないから


『爆睡さ、身体デカいからさ大変だったよ連れてくるのw』
『とりあえずそろそろ準備しないとだから起こして連絡させる』


👼『お願いしまーすw』





(📞'ω')






🐸『いました?』


👼『爆睡だって』


🐸『よかったああ』


👼『何も無くて良かったねハオ』


🐸『今日夢見ちゃってこわくて』


👼『そっかそっか』



🍒『あーなるほど?だから名前呼んでたんだね』


👼『どうゆう事?』


🍒『朝方ね、叩かれて服握られて、ジュニヒョンってハオが』


🐸『そんなことしてたの僕、恥ずかしい…』

『でもあれはほんとに嫌な夢』



🍒『どんな?』



🐸『ジュニヒョン居なくなるんです』

『ホシヒョンの時みたいに、シュって』←