無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

65.
Boo📱







🇺🇸『ん、、スングァン?』




📱『どこにいるー?僕も一緒に混ぜて〜』




🇺🇸『んー…まぁスングァンならいっか楽しいし』



🇺🇸『〝駅前にいるよ〟……と』



📱『わかった!待っててね〜!』



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈







🦊『ジュナ、次は誰なのかな』

『俺もうやだよ人がいなくなるの』


🐱『それは本人を捕まえないといけないよ…』


🦊『…捕まえちゃう?』


🐱『いや、それは無理くない』

『ディノを軽々を連れ去るんだよ?』



🦊『…そっか、、ん、あなたって女だよね』

『ディノ連れ去るくらい力あんのかね?』

🐱『…確かに』






┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈









🍊『じゃあヒョン僕はボノナの所に行きますね』


🐴『えぇもう行っちゃうの?』


🍊『はい、ヒョン二人もいるから大丈夫でしょう?』


🐸🐶『俺らじゃ嫌か?』‪←


🐴『いぇお2人居てくれれば嬉しいでこざぃーます〜』

🐸『‪言葉おかしい‪w』

🐶『さ、早く行きな、気をつけるんだよ』


🍊『はーい!頑張ってくださ〜い』







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈







チャリッ





🦖『この手錠やだ重たーい』


🦖『…ヒョンたちに会いたーい』
『帰りたーい帰ーりたいかえーりたーいよー』

🥀『うるさい殺すぞ』

『少し黙れ』



🦖『だってー暇なんだモーン』

『死にたくなーいやだやだー』


『解放してくださーい何もわないんで』



『てか思ったんですけどなんで手紙とかの内容把握を?誰殺すとか』



🥀『それは家の隅々に盗聴器あるからな』




🦖『いつ侵入した?』


🥀『それは___』