無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

8















🍒『帰る時連絡するから鍵開けてね』


🐱🦊『はーい』



🐸『今日は僕が運転します』


🐶『うわ珍しいねどうしたの‪w‪w』


🐸『ミンギュだけ歩いておいで』


🐶『え』


👼『ミンギュ置いて早く行こー!』



🥀『頑張って歩いてきてくださいッ』



🐶『みんな酷くない!?』





┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈









ジュンside




寝たいとか嘘





やっぱり僕の感は当たってたっぽい




あの時ウジに話を聞いたんだ





あの部屋に入るな、とはいわれたけど
やっぱり気になるよね



僕だけじゃちょっと不安だから
ウォヌを連れて行こうと思う。・*・:≡( ε:)