無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

ねむり姫の日常
長尾のハッピーバースデーですね。

同い年なんですけどね。

最年少も年取るんですね。同い年ですが( )


長尾からの誕プレはゴキブリのおもちゃと服だったのでムカデのおもちゃとカバンでも買ってきますわ。


ゴキブリ入ってて許すあなたも偉い。(



風雅「買物くらい1人でいけや笑」


『風雅とディズニー楽しかったから一緒に買い物』


風雅「謙杜に何買っていくん?」


『ムカデとカバン』


風雅「謙杜オシャレな高級なん使ってるんじゃない?」


『キンプリのグッズのバッグでも渡したろかな。』


風雅「どの場面で使う?」


『スクバとして笑』


風雅「入る?笑」


『あなたスクバ壊れた時セクゾさんのリペの使ってた』


風雅「なんかあったかもな笑」


『使ってたやろ?笑』


風雅「ならもうそれでいいんちゃう?笑」


『今KAT-TUNやで』


風雅「Aぇgroupのライブ行こうや」


『チケット全滅やっちゅうねん』


風雅「Jrの特権使っちゃいましょ。」


『行こか』

( 風雅家 )


風雅「宇治やって」


風雅「お父さーーん」


父親「うい~」


風雅「車宇治までいい?」


父親「えぇ~」


風雅「あなたもいるけど」


父親「行きます行きます(即答」


風雅「なんやねん笑」


『いいんですか!?ありがとうございます!!』


父親「いつも応援してます!最近忙しいですよね。頑張ってください」


風雅「鼻の下伸ばすなよ笑」


父親「やっと会えた笑」


『お父さんがいいならいつでも大西家行きますからね?笑』


父親「ほんま嬉しいわ~笑」






















長尾よ。君は忘れられてる( )



いざ、宇治へ( )

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

長 尾  た ぴ ️️🌷
長 尾 た ぴ ️️🌷
Nagao Tapi 🌷
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る