無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

ねむり姫の日常
長 尾 s i d e 



本日から 学・校 ですって!!!!!!!



無理でぇぇぇぇぇぇぇす!!!( キャラ




仕方なくですよ?着替えてあなたの家ピンポンしてですよ?




月見「長尾ごめん5分待って」


『中はいらせて暑い』


月見「どぞ」


『おじゃまー』


まま「あぁ謙杜!暑いし中入っとき!」


『外まじ暑かったわ』


月見「そんなん嫌。暑いから休校にならんかな」


『また髪染めたい』


月見「あなたのレインボー」


『色々思う度に憂鬱やわ』


まま「熱中症予防に水飲んどき塩分チャージ持ってき」


『ありがとう~』


月見「長尾きょうたぴろ」


『舞台。』


月見「たぴ」


『たまにはいいか!!!(』


月見「はよ上がればええだけや!(」


『そやな!!』


初日はクソみたいに長い式ですよね


名簿順の癖して隣にいる月見さん。爆睡でぇぇぇぇぇぇぇす!!!(



疲れてるんだろうなぁ。って思いながら夢の中におやすみなさい。そろそろ僕も限界です(





先生「長尾!月見!起きろ!」


『さっせ、最近仕事忙しくて』


先生「わかったから月見起こして」


はるか後ろにいるみっちーも爆笑してます。笑





『あなた~起きて~』


月見「、、ん~」


『疲れてるん?休みや』


月見「ほんま24時間テレビから疲れずっと取れてへん」


『保健室で寝よか!!!』


月見「そやな!!」


道枝「爆笑(」









『失礼しまーす』


先生「何しに来てん笑笑」


月見「ずっと疲れが取れへんくって舞台とかそろそろ倒れそうで」


『僕もなんか肩が重いというか頭が重いというか疲れがやばくって』


先生「なら寝とき」





しゃーーーーーーーーーー!!!( )






おやすみ♡ ( 違う






୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧


ス テ メ 変 え ま し た 笑


୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

長 尾  た ぴ ️️🌷
長 尾 た ぴ ️️🌷
Nagao Tapi 🌷
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る