無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

ねむり姫の日常
風雅「お父さんありがと!」


『パパありがとうございました~』


風雅「パパ呼び?笑」


『風雅のぱぱやから。笑』


父親「ほんま今年1幸せやわ、しかもパパなんて呼んでもらって笑」


『ならパパ行ってきますね!ありがとうございました!』


父親「気をつけて!」


風雅「めっちゃ鼻の下伸ばしてるわ笑」










正門「おぉ来てたんか!」


草間「なんか、久しぶり笑」


『一昨日ぶりやわ笑』


佐野「噂によると謙杜あなた探してるらしいよ笑」


『あっそ。』


正門「冷たっ笑」


風雅「電話くらいしときいや笑」



📞『長尾~~~~』


📞長「あなたとデートするために1日空けてたのにあなたはどこにいるん??」


📞『ごめ、風雅と宇治文化にいる笑』


📞長「夜は??」


📞『暇してるよ??』


📞長「焼肉の刑。奢りやで。」


📞『しゃーないな。ごめんな。笑』


📞長「今から宇治文化行くわ!」


📞『ふはっ (』


📞長「待っててや!!」


風雅「俺もう帰ろっかな。課題しなあかんし。」


小島「悲しっ (」


末澤「あなたは無いんかいな。」


『そんなん適当にやったるわ。 (』


末澤「留年するわこいつ。笑」


『制服4年着れる笑』


末澤「撮影できるやろ笑」


『風雅帰んの?』


風雅「謙杜もくるし!」


『一緒に見よ?』


風雅「謙杜誕生日やし怒らせんで」


『なら、、また、あした、、』


風雅「泣きそうなんなよ笑」


『寂しっ、、グスッ』


風雅「情緒不安定やわこいつ笑」


風雅「バイバイっ!!Aぇ公演頑張ってください」


末澤「あんがと!」









長尾「ごめん!電車止まったー笑」


長尾「風雅は?」


『課題が残ってるって,多分謙杜誕生日やし、怒らせるでって笑』


長尾「なんかごめんな笑」


『もうすぐ始まるから席に行こか笑』


長尾「そやな!」



















『楽しかったな。!』


長尾「単独でこんなおもろできるかな?笑」


『なにわならなんでも出来るやろ出来んことなんてないんやから』


長尾「そやな、笑」


『そういえば、誕生日おめでとう』


長尾「ありがと!歳追いついたわ笑」


『3ヶ月やけどな。笑』


長尾「なら、大阪戻ろ笑」


『たまには京都でお買い物もいいんじゃない?』


長尾「そやな!あなた天才や! (」


『なら、行こか、誕プレまだ買ってへんし謙杜選んでや』


長尾「何がいいかな~」


『予算5万までやで』


長尾「うわ、金持ち。」


『長尾のためやわ。』


長尾「なんか照れるやん、//」


『あほか、笑』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

長 尾  た ぴ ️️🌷
長 尾 た ぴ ️️🌷
Nagao Tapi 🌷
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る