無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

ねむり姫の日常
風雅「あなた~行くで」 


『嫌や寝る。』


風雅「あなたの役俺貰うで」


『やだ』


長尾「ん??」


風雅「謙杜も寝てたん?」


長尾「それはそれで酷いな笑」


『今何時?』


風雅「昼前」


『たぴおかぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!』


長尾「うるさいわ笑」


風雅「タピオカ寄る時間はあるけど、」


『っしゃ』


長尾「風雅も行く?」


風雅「行く!」


長尾「流星くん誘おっかなぁ斗亜も誘おっかなぁこたろうもにしたくも誘う!」


風雅「斗亜なら後ろいます笑」


流星「俺も居ます!!」


西村「ここにいます!」


斗亜「こたはるうくお迎え行ってきました!」


『おぉ!兄貴やん』


流星「たぴおかたぴおか」


『たっぴーおっかー』


風雅「はずいんで隣歩かないでください笑」


『やだ1番隣歩く』


風雅「いややぁぁ」


『なんでさぁぁ笑』


長尾「ゴンチャに1票」


斗亜「チャタイムに1票」


『ゴンチャに1票』


風雅「、、ならゴンチャやな」


『っしゃ!風雅ありがとん笑』


流星「なに飲もっかなぁ笑」


長尾「あなたしぇあしようぜぇ」


『考えとく★(』



無事たぴたぴして舞台もいつも通りぶちかましてきましたよ


そしてたぴたぴぱわーで千秋楽まで走り抜きました︎︎☺︎




୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧


く そ 作 な く ( )

学 校 始 ま り ま し た 。 い つ も 通 り 行 け た ら い い な と 思 い ま す

い つ も 通 り だ と 亀 で す け ど 🐢

み っ ち ー 忘 れ て た 😭

先 行 っ た こ と に し と い て 笑

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

長 尾  た ぴ ️️🌷
長 尾 た ぴ ️️🌷
Nagao Tapi 🌷
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る