無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

塩 こ う じ


向井「やっほーまいはにー」


『きもいだまれ』


向井「先輩にキモイはないわぁ笑笑」


『そんなこと言うならめめ君のとこ行くよ??』


向井「なら翔太くんのとこいくから。」


『相談があるから来たのに進まないじゃん笑』


向井「仕事?勉強?喧嘩したんか!!!!!誰と?大吾?またどうせ無理したんやろ」


『は?喧嘩せず仲良くしてます』


向井「ならなんやねんな」


『勉強と両立が、』


向井「長尾は?みっちは?」


『出席日数の問題でドラマとか映画とかかけ持ちしてたら月3回くらいしか出れへんかったりして』


向井「それは重症やな笑」


『月3はやばいよな笑』


向井「通信とか?」


『ままに言ったら怒られちゃう』


向井「あなたの名前使ったら高校掛け持ちできるんじゃない?」


『どうせそこもアカンやろ』


向井「堀越」


『そんな有名人ちゃうから誰ですかって言われるわ笑』


向井「あなたなんて余裕で顔パスやろ笑」


目黒「やっほーあなたちゃん」


『めめ君!!!』


目黒「ひさしぶりだね今日は何しに来たの?」


『向井くんに相談乗ってもらいたくって』


『向井くんSnow Manで元気にしてる?』


目黒「うるさいくらいピンピンしてる笑」


『なら良かった、後輩だけどすっごい陰ながら心配してて』


目黒「しっかりした後輩~笑」


渡辺「ラウールもこんなんになってよ~」


ラウ「無理みが強いなんて言ってみるぅぅぅ」


向井「こいつ普段はぶっ飛んでるから笑」


向井「裏では考えてくれてるから心配になって相談乗ってあげたくなるんよ笑」


『誰目線だよ笑』


向井「勉強なんていいんだよその顔があればほんと好きな顔。困ったら俺が食べさせてあげるから」


『ありがとなにわはてっぺん行くからスノのこと追い抜かして向井くんの食費出す日が来るかもね~笑』


向井「スノがてっぺん取るもーん笑」








支えてくれる仲間がいて頑張れるんだよね。

競える仲間がいて頑張れるんだよね。






龍太くんの顔でも見に行こっかな笑

朝田くんにも会いたいな笑




勉強はママに怒られようが仲間がいれば大丈夫。でも先生に理解してもらって出席日数どうにか出来ないか交渉しよっと笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

長 尾  た ぴ ️️🌷
長 尾 た ぴ ️️🌷
Nagao Tapi 🌷
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る