無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

Snow Man with 月見
月 見 s i d e 




渡辺「どうもーSnow Manでーす!」



『withなにわの月見でーす!』



向井「今回は人数がちょい少ないっすね笑」



渡辺「ラウールテストらしい笑あと阿部ちゃんとふっかと照は撮影らしいです笑」



佐久間「あなたはテストじゃないの?」



『テスト期間休んでやって参りました月見ですー!』



目黒「まじで勉強教えましょうか?あなたちゃんのためになれるなら俺頑張りますんで!」



『ありがとう!笑』



向井「明日帰るん?」



『今日金内柊真てぃんの所行ってトンボ帰りでっす』



向井「俺もそろそろ会いに行かな寂しがるはあの子ったら♡」


『うち行くから行かんでええで』



向井「え、、」



佐久間「はい!今回はですね!向井月見のサシトーク!!!」




目黒「月見ちゃんファンの俺目線的に聞きたいことがありまくるんですよ」



『ならめめのお題のこと喋るからどんなん話せばいい?』



目黒「関東行くって言った時思ったこととか、デビューするってなった時の気持ちとか、寂しかったりしないのかとか、関西で頑張ってることとか」



『分かった笑しゃべる!!』



渡辺「泣くなよ??笑」



『多分泣かない!多分!』



目黒「俺月見ちゃんの涙好きなんで!どんな姿でも大好きなんで!!」



宮舘「めめってこんなキャラだったっけ笑」



『思ってたよりあなたのファンで、、笑』


















『向井くん!!サシトークってなると緊張するな!笑』




向井「普段こんな2人で向き合って話さへんもんな、」




『2人で真剣に話すのなんてあけおめぶりくらい?笑』





向井「俺が言った時やな、笑」





『風呂に突撃してきて、2人とも裸で語ったよね』




向井「あなたも 関西Jrはこのみんなが集まるから関西Jrなんや! って言ってめっちゃ泣いてたん忘れられへん笑」




『あったねー笑』






向井「俺も行くん辞めたくなるくらい心痛かったもん笑」




『向井くんが行くって言ったとき関西Jrの今後?未来?を考えてしまって、また焼け野原に戻るのかな~とか、』




『でもあなたが笑顔で居な向井くん安心して関東行けへんし、ファンのみんなが心配する、龍太くんの方が不安やろうし朝田くんの聞くのあなた早かったから笑顔でいなあかんかったから』




向井「るーたくんも同時やったもんな~」





『あとねデビューするってなった時は頭が真っ白なったもん、おめでとうって言うのとやっぱどうしてもモヤモヤって複雑で』




向井「俺もちょっと複雑な気持ちやったもん、あなたの事とか考えたら」





『あなたが病みそうやったから次の日風雅と夢の国行って忘れよってなったもん笑』





向井「めめも言ってたけどあなたは俺が居らんで悲しないん?」




『悲しんでも帰ってくるものじゃないから前をむかなきゃだから、新生関西Jrで頑張んねん!』




向井「寂しくもないん?」





『あなたのメンバーは関西Jr向井くんのメンバーはめめとかふっかさんとか寂しくなったら関西Jrに頼るもん向井くん寂しなったらめめとか翔太くんに頼るんやで』






向井「ソルトやんー!俺が寂しいわ笑」






『しゃーない!!笑』





『あなたはなにわ男子。向井くんはSnow Manやから!』





向井「昔は泣き虫の弱っちぃかったのに笑」





『あなたにも沢山後輩が出来て憧れの先輩があなたって言ってくれる子東西関係なくも沢山いて強くならなきゃって、笑』





向井「すごいなぁ。笑」






N E X T


い ま い ち オ チ な い な 😂
い つ も だ け ど 😂

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

長 尾  た ぴ ️️🌷
長 尾 た ぴ ️️🌷
Nagao Tapi 🌷
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る