無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

俺だけ見てろ
───結局、あの日。

来栖さんのスマホに女の人から着信があった後も、来栖さんの様子はいつもと何も変わらなくて。

気になって仕方ない私が、電話の相手を訊ねると「ストーカー対策室に配属された新米女だ」とだけ、説明された。

その人からの着信は来栖さんにとって本当になんでもないことで、だからこそ私の目の前で電話をとってくれたんだろうし。

心配する必要はないのかもしれない。

ただ、来栖さんが相手に気がなかったらそれでいいのか、と言われりゃ話は別だ。

だって相手は間違いなく来栖さんに好意がある。根拠?そんなものはない。……これは、女の勘!
池松 煌
池松 煌
……って、
さっきから聞いてる?
栞那
栞那
へっ……!?
隣から私を覗き込むように池松煌が話しかけてきて、私は自分がボーッとしていたことに気付く。

……や、やばい!
そうだ。今はこのあと収録がある番宣番組について池松煌と打ち合わせ中だった!
栞那
栞那
ご、ごめん……!
ついボーッとしちゃって
池松 煌
池松 煌
誰のこと考えてたわけ?
栞那
栞那
え?……いや、別に!
それに私が誰のこと考えてたって
池松煌には関係ないでしょ
池松 煌
池松 煌
……それ
栞那
栞那
……ん?
池松 煌
池松 煌
フルネーム呼びは金輪際なし。
俺のことは「煌くん」って呼ぶこと。
俺は「栞那」呼びで統一するから
栞那
栞那
な、なんでよりによって
下の名前なのよ!!
池松 煌
池松 煌
共演者の仲の良さは
アピールするべきところだから
池松 煌
池松 煌
バラエティの中でも
俺たちを見た視聴者に
恋仲を連想させるくらいの方が
ドラマのイメージに繋がりやすいだろ
何の考えもなしに下の名前呼びを強要されてるんだと思いきや、池松煌の顔は思いのほか真剣で、ハッとさせられる。

……それに、言っていることも正論だ。

確かに、ドラマの中でだけ恋人を演じればいいって訳じゃない。番宣番組に出るということは少なからず、ドラマのイメージに近い状態のふたりでいるべきだということも理解は出来る。
栞那
栞那
……なるほど。
じゃあ、かなり不服ではあるけど
煌くんって呼ぶことにする
池松 煌
池松 煌
ほんと、いちいち生意気だよね。
小声で言っても聞こえてるから
栞那
栞那
そりゃあ、わざとだからね
来栖さんのことすら、まだ下の名前で呼んでないのに、なんで池松煌のことを「煌くん」なんて呼ばなきゃならないのよ。

って、本当は思ってるんだから仕方ない。
でも私は女優だ。

番宣番組の収録中は、池松煌の言う通り、視聴者が見た時に恋仲のイメージを抱けるくらいには恋してる風に演じ切りたい。
池松 煌
池松 煌
それから、
栞那
栞那
ま、まだあるの!?
池松 煌
池松 煌
俺といる時に他のこと考えんな
栞那
栞那
は?
池松 煌
池松 煌
俺だけ見てろ
顎をクイと持ち上げて、至近距離から私を見つめる池松煌の瞳。逸らしたいけど、逸らしたら負けな気がして……負けじと見つめ返す。
栞那
栞那
逆に、私によそ見させないでよね
池松 煌
池松 煌
……フッ、ほんと生意気
栞那
栞那
……っ、
珍しく私に対してクシャッと笑った池松煌に一瞬、ドキッとしてしまった。……うぅ、不覚。

来栖さん、ごめん!
私は今から”煌くん”と恋仲をしてきます。

……どうか、どうか来栖さんにオンエアを見られませんように!!と祈りながら私は池松煌と番宣番組に臨んだ。
***

───数日後。

今日の20時から、先日収録したバラエティ番組が放送される予定になっている。

只今の時刻、20時25分。
リアタイしようと思っていたのに、お風呂から上がって髪を乾かしている間にどうやら20時を過ぎてしまったらしい。
栞那
栞那
やっぱり、テレビで見るだけだと
ただの爽やかイケメン俳優……か
キラキラの笑顔で笑う、好感度高めの池松煌を画面越しに見ながら、実際はもっと……こう、何か黒いものがあるのに!と思ってみたり。

そんな池松煌の隣に座っているドラマの役に入り込んだ偽物の私に身震いをして、手の中で震えたスマホに視線を落とす。
栞那
栞那
あ、お母さんからだ。
……ふふ、番組観てくれてるんだ
栞那
栞那
最近、家にも帰れてないなぁ
お父さん、けっこう寂しがり屋だから、ドラマが落ち着いたら顔見せに帰ろうかな。
池松 煌
池松 煌
栞那は基本、裏表がないので
一緒にいて楽っていうか、落ち着きますね
栞那
栞那
煌くんは、表向き爽やかだけど
なんだろう……本当はもっと”ワイルド”
池松 煌
池松 煌
え……ちょっと、待って!
俺のどの辺がワイルドなの!?
テレビの中の私たちは、お互いのことをよく分かってるアピールなんかして仲良しを演じている。
栞那
栞那
ん?
ふと、お母さんに返信するより先に再びスマホが震えた。
栞那
栞那
あ……、嘘!
来栖さん!?
そこに届いていたのは、来栖さんからのメッセージ。

【電波使って浮気するとはいい度胸だな】

あれほど見られたくないと思っていたのに、来栖さんらしい不服申立てに少し笑ってしまう。

【残業中で、ニュース見るためにテレビつけたらたまたまやってた】

付け足しメッセージが届いて、心臓がギシリと軋んだ。……今日も残業。

もしかしたら、”新米女”と一緒かな?なんて。
栞那
栞那
私の知らないところでいつも一緒にいる後輩の女の子……か
そんなの恐怖でしかないよ。