第3話

2話
翌朝
(なまえ).怪異
あなた.怪異
花子、私はそろそろ
校舎の見回りをしないといけないのだが
(なまえ).怪異
あなた.怪異
だから離してくれないか!?
花子くん
花子くん
ZZZZZ
(なまえ).怪異
あなた.怪異
(`ーωー´)イラッ
(なまえ).怪異
あなた.怪異
本当に噂通り殺してやろうか?
花子くん
花子くん
起きます
離れます
(なまえ).怪異
あなた.怪異
にししw
(なまえ).怪異
あなた.怪異
じゃここは頼んだぞー
(・ω・* 三 *・ω・)
(なまえ).怪異
あなた.怪異
(これといった異変はなし……か)
ポツゥ
(なまえ).怪異
あなた.怪異
ん?
(なまえ).怪異
あなた.怪異
……これは
(なまえ).怪異
あなた.怪異
黒杖代……?
(なまえ).怪異
あなた.怪異
ふむ……
花子のでは無さそうだな
(なまえ).怪異
あなた.怪異
猫杖代、気づかれないように
この黒杖代をつけろ
ス-ッ
(なまえ).怪異
あなた.怪異
………なにもないといいがな
(なまえ).怪異
あなた.怪異
(屋上に行くか)
屋上
(なまえ).怪異
あなた.怪異
んー!見晴らしがいいな!
(なまえ).怪異
あなた.怪異
あ、猫杖代は……っと
(なまえ).怪異
あなた.怪異
あれ?
(なまえ).怪異
あなた.怪異
猫杖代?
(なまえ).怪異
あなた.怪異
監視が消えているのか?
(なまえ).怪異
あなた.怪異
猫杖代〜?
(なまえ).怪異
あなた.怪異
はぁ………
しょうがない…
ガヤガヤ
(なまえ).怪異
あなた.怪異
ん、もうこんな時間か
(なまえ).怪異
あなた.怪異
私も早く行くとするか
愛音
愛音
よっし
教室
愛音
愛音
おはよー
八尋寧々
八尋寧々
あ、愛音おはよう!
葵
おはよう!愛音ちゃん!
愛音
愛音
早いねぇ
八尋寧々
八尋寧々
ねぇ葵!
また噂聞きたい!
愛音
愛音
私も!
葵
えー?
葵
じゃあ……
葵
七不思議2番目
ミサキ階段
愛音
愛音
(ミサキ階段か……)
葵
屋上へと続く
美術室の前の階段
葵
放課後、そこの4段目は絶対に
踏んではいけません
葵
踏んでしまうと……
あの世へ連れていかれるからです!
八尋寧々
八尋寧々
……わぁ
愛音
愛音
(……)
八尋寧々
八尋寧々
愛音?
愛音
愛音
何?
八尋寧々
八尋寧々
ミサキ階段怖そう……
愛音
愛音
大丈夫だよ
愛音
愛音
ただの噂だし
八尋寧々
八尋寧々
(現に花子くんはいたんだけど)
めっちゃ飛ばして放課後
葵
2人とも、またね!
八尋寧々
八尋寧々
ばいばーい!
愛音
愛音
また明日
んでまたまた飛ばして翌朝←
八尋寧々
八尋寧々
おっはよー!
愛音
愛音
おはよ
八尋寧々
八尋寧々
あ、今日愛音早いね
愛音
愛音
うん………
愛音
愛音
(…最近…生徒がどんどん行方不明になっているが…もしかしたら…2番か………)
愛音
愛音
(確かめる価値はあるな
今日の放課後、花子を誘って調査しに行くか)
八尋寧々
八尋寧々
愛音?
愛音
愛音
あ、ごめん、考え事
八尋寧々
八尋寧々
そっか
八尋寧々
八尋寧々
………ねぇ…さっきから
気になってたんだけど
愛音
愛音
ん?
八尋寧々
八尋寧々
葵の席がない……
八尋寧々
八尋寧々
それに、葵が大切にしてた
植物も
八尋寧々
八尋寧々
さっきも先生にも葵の親にも
言ったのに…
八尋寧々
八尋寧々
そんな子知らないって……
愛音
愛音
(やはり2番か…………)
ヤコめ………
愛音
愛音
ねぇ
愛音
愛音
今日のほうかg
八尋寧々
八尋寧々
今日の放課後!
ミサキ階段確かめに行こう!
愛音
愛音
(え?言う手間省けたラッキー)
私も行こうとしてたの
八尋寧々
八尋寧々
そうなんだね!
じゃあ決まりだ!