無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

不幸1
おにぃたち、キレてて沈黙
きつい
天 雪
お、おにぃ?
全松
……
トド松
どうしたの?(^^)
トドにぃ、目が笑ってない
天 雪
怒ってるの……?
一松
怒らないやつっているの?
十四松
だよねー棒
弟松が、怒ってるよ……

喧嘩松、生で観ると迫力がすごい……って問題はそこじゃない!!!!!!!!

チョロ松
雪、仕事は休止しな
天 雪
休止……?
休止って、やっと叶った夢を、応援してくれるファンがいるのに!!
天 雪
なんで……そんなこというの……?
天 雪
やっと叶った夢…だよ?
チョロ松
僕は、雪のことを思っていっているんだ
天 雪
そんなの知らない!!
天 雪
私は、私は、人生を変えてくれたアニメに恩返ししなきゃいけないの!!
天 雪
私を!
待ってくれているファンもいるんだ!!
カラ松
雪、チョロ松は雪を心配してるんだ
天 雪
カラ松も、私のこと何も知らないくせに!



雪は、ここでおそ松たちと縁を切ろう思っていた
天 雪
もう、知らない…
雪は、走りだそうと足を出したが、おそ松に腕を掴まれた
おそ松
雪、頭を冷やせ
おそ松
冷やして、しっかり考えろ
なんで……なんで……おそ松までそんな顔するの?

おそ松も、私のこと何も知らないで言ってるんだ
天 雪
もう、何もいらない
全松
……
雪は、走った

大好きな、おそ松さんの世界に来れたのにこんなのあんまりだ……

全然楽しくない…どこの世界でも、神さまは不公平だ…
天 雪
.・゜゜・(/。\)・゜゜・.
グイ
天 雪
キャー!!
口をハンカチで抑えられた
そのハンカチには、催眠ガスが含まれていた
盗撮犯人
フフフッ やっとやっと、雪ちゃんが俺のものに!!


意識がとうのいていくなか……


みんな…ごめん…
トド松
今の、雪…?
おそ松
行くぞ!
おそ松は、声のする方へ行ったが少し遅かった


雪は、車に乗せられ連れていかれた
全松
くそっ!!