無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

52
2021/07/18

第13話

鈴音
鈴音
どーも、どーも!上弦さん達っ!!
天音
天音
僕ら上弦の月がやってきたぜよ!
鳴女ちゃんに自室へ運んでもらい、それから皆が集まっている場所に行く。
こっちに運んでもらった方が良かったかな〜??まあいっか!
堕姫
堕姫
あら、天音!鈴音!
鈴音
鈴音
やっほー堕姫ちゃん!
元気〜?
天音
天音
やあやあ堕姫ちゃん!
堕姫
堕姫
(あーもう可愛い!!)
ええ、元気よ!
あれ、堕姫ちゃんがめっちゃ強い力で抱き締めてくれる。鬼なのに堕姫ちゃん、暖かいなぁ〜!
それを妓夫太郎さんはほっこりした様な顔で見てる。









鈴音
鈴音
…あれ、むざりんはまだ逆さになってるの?
天音
天音
逆さじゃさ、首痛くなるからちょっと戻ってくんない?
上弦
上弦
!!
あれ、皆気付いてなかった?
と言うか半天狗さんはなんか『ヒィィィィ』って悲鳴あげてる…
鬼舞辻 無惨
鬼舞辻 無惨
天音と鈴音が鬼殺隊を半壊させた
鬼舞辻 無惨
鬼舞辻 無惨
鬼殺隊は弱体化した。
上弦
上弦
?!
鬼舞辻 無惨
鬼舞辻 無惨
鬼殺隊の戦力が大幅に減った今、一気に畳み掛ける。
鬼舞辻 無惨
鬼舞辻 無惨
いいな?
そうむざりんは実験をしつつ僕らに言う。
それからスポイトやフラスコを置いて紙にサラサラ、と羽根ペンで書いていた。
鈴音
鈴音
…ちょっと言うのもあれだけど、柱はまだ葬れてない。だからもう少し柱を減らしてからの方が良いと思うけど?
天音
天音
確かに〜!正直言って雑魚隊士を殺しても、柱が残ってたらあんまり意味無いもんね。
僕らがそう言うと、むざりんは羽根ペンを置いて、不服そうな顔になる。あれ、僕ら間違った事言った??
鬼舞辻 無惨
鬼舞辻 無惨
…なら、猗窩座とお前ら兄妹は『ある場所』に行ってもらう。いいな??
鈴音
鈴音
はいはーい
天音
天音
りょ!
猗窩座
猗窩座
御意。
そうあかざっちが言うと、ベベン、と琵琶の音が鳴り響き、僕らはそれぞれの部屋に飛ばされた。
あー、そろそろ新技考えた方が良いかな〜