無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

最終選別
ななもり。side
俺たちはあなたさんに見送ってもらいながら出発した。みんなはと言うと…
莉犬
莉犬
俺死んじゃうのかなぁ…(Uo̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅U)
るぅと
るぅと
大丈夫ですよ!あなたさんが屋敷で待っててくれるんですから、何がなんでも帰りますよ!
莉犬
莉犬
るぅちゃん…!ありがとう!元気出た!
留奈
留奈
(絶対師範の元へ帰る!)
ジェル
ジェル
(鬼怖そ:(;゙゚'ω゚'):)
さとみ
さとみ
頑張ろっ!
ころん
ころん
まだ死にたくないまだ死にたくないまだ死にたくないブツブツブツ
…俺がしっかりしなきゃ!(๑•̀ㅂ•́)ﻭ
ななもり。
ななもり。
…あ、みんな、着いたよ!
そこには俺たちと同じような子達がざっと40人ほどいた
留奈、すとぷり
留奈、すとぷり
やっと着いたー!
留奈
留奈
藤の花が沢山…
さとみ
さとみ
映そう←
莉犬
莉犬
あっ!みんな誰か出てきたよ!
産屋敷輝利哉
産屋敷輝利哉
皆様
今宵は最終選別にお集まりくださってありがとうございます
産屋敷輝利哉
産屋敷輝利哉
この藤重山には…

















その後色々説明を受けた
白髪
白髪
では行ってらっしゃいませ
ななもり。
ななもり。
じゃあみんな、7日後に絶対生きて会おうね!
留奈、すとぷり
留奈、すとぷり
うん!(ななもり。以外)
こうして最終選別がスタートした
みんな、大丈夫かなぁ…
まあ、俺の仲間だもん!信じてあげなきゃね!
って、それより自分のことだななもり。!
よしっ!頑張るぞー!


















あなたside
みんなが出発した後、炭治郎くんたちが来た。私が心配そうな匂いだったから心配してくれたようだ(*^^*)





その後他愛もない話をして、炭治郎くんたちとわかれた。炭治郎くんたちと話していても頭に思い浮かぶのはみんなだけだった…
藤川(なまえ)
藤川あなた
みんなっ!無事に帰ってきてっ!
次回『最終選別2』