無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

最終選別2
あなたside
最終選別が始まって6日がたった…みんな、無事だろうか…










さとみside
最終選別が始まってもう6日だ
俺は余裕で鬼共を狩っていった
途中でころんとあって今はころんと行動している…
だけど…何か嫌な予感がする…
さとみ
さとみ
ころん…何か嫌な気配がしないか…?
ころん
ころん
僕もずっと思ってた…
ころん
ころん
!!!( ゚д゚)ハッ!!!!
さとみくん後ろ!
さとみ
さとみ
わかった!シャキンッ
鬼
いいところにあいつの弟子がいるじゃねえかウヒヒヒ
さとみ
さとみ
あいつ…?
鬼
あなたのことだよ。あいつが俺をここに閉じ込めたんだ!💢
ころん
ころん
なんで俺たちがあなたさんの弟子だとわかったんだ!
鬼
匂いだよ( ´∀`)
さとみ
さとみ
えっ、キモ(引)
鬼
えっ、酷
鬼
ま、まぁいい!
お前らも食ってやる!
さとみ
さとみ
            .
お前らも?
鬼
ああ、さっき隊士が来たからな、食ってやった
ころん
ころん
そっ、そいつらは髪がカラフルだったか!?
鬼
いや、全員黒だけど。
さとみ
さとみ
ε-(´∀`;)ホッ
鬼
かかってこい!
ころん
ころん
上等だ!
るぅとside
僕はあの後、莉犬と留奈と合流した
留奈は相変わらず強くて頼りになります(*^^*)
あ、僕達は怪我はひとつもしてませんよ?
留奈
留奈
鬼があんまりいないね…
莉犬
莉犬
確かに!
もちろんですよ!
ちかずいてくる鬼は全部僕が雷の呼吸で倒してますからね( *¯ ꒳¯*)
莉犬
莉犬
まあ、鬼に会わないのはいい事だよね!
るぅと
るぅと
そうですね(*^^*)
さてさて…他のみんなは大丈夫ですかね…












ジェルside
俺はあの後なーくんと合流して、今ちょーど鬼と戦ってんねんな
コイツ意外と強くて面倒やなぁ…
鬼
あまいあまい!!
そんなんじゃ俺に食われちまうぜぇ!!
ななもり。
ななもり。
ジェルくん!俺が隙を作るからその間に頸を!
ジェル
ジェル
わかった!任せてな、なーくん!
ななもり。
ななもり。
蟲の呼吸
蜻蛉の舞
複眼六角!!
ジェル
ジェル
音の呼吸
壱の型
轟!
ドォォォォォォン!
鬼
クソォォォおおおおおおおおォォおおォォお!!
ななもり。
ななもり。
やったねジェルくん⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*
ジェル
ジェル
せやな!
やっぱなーくんがいると安心するわぁ








次回『おかえり!』