無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ここはどこだよぉぉぉぉ!!
すとぷりside
ななもり。
ななもり。
みんな!今日のライブも楽しかったね!
莉犬
莉犬
うん!みんな喜んでくれたみたいでよかった!
るぅと
るぅと
そうですね!
ころん
ころん
もう疲れたし、もうシェアハウスに帰ろーよー
ジェル
ジェル
せやな!!
さとみ
さとみ
賛成〜♪
ななもり。
ななもり。
じゃあ帰ろっかー!
莉犬
莉犬
早く〜!
莉犬
莉犬
ガチャっ(ドアを開ける)
莉犬
莉犬
えっ!?
莉犬がドアを開けると、ドアの外には森が広がっていた











......................................................
ななもり。
ななもり。
どうしたの?莉犬くん…ってここどこ!?
ジェル
ジェル
なんやここ!?
るぅと
るぅと
ちょっと状況が理解できないです…
すとぷり全員がドアをくぐりぬけると、ドアが消える

その事に全員が驚いていると



ガサガサッ
ころん
ころん
ナニッ!!!!
さとみ
さとみ
人か…?
鬼
グオオオオオオ!!
草むらから人のようなものが出てくるが様子がおかしい
莉犬
莉犬
何この人!?
鬼
いいところにエサがいるじゃねぇかぁ
ころん
ころん
誰だよお前!!
鬼
ザシュッ
暴言を放ったころんに対し、その人が攻撃を放つ
さとみ
さとみ
っ!
莉犬
莉犬
さとみくんっ!
鬼
覚悟しろぉぉぉ!!
すとぷり
すとぷり
死ぬっ…!!
藤川(なまえ)
藤川あなた
大丈夫ですか?(*^^*)
全員が、「死」を覚悟した時どこからか花びらが舞ってきた

気がつくと全員の前に美しい女が立っていた
ななもり。
ななもり。
え、えっとあなたは?
鬼
誰だてめぇ!!
藤川(なまえ)
藤川あなた
すみません、紫髪の方そのことは少し後でもいいですか?
女の声は鈴のように美しく、言葉は丁寧だ
ななもり。
ななもり。
は、はい
鬼
俺はこいつらを食うんだよ!邪魔するならお前も食ってやる!!
藤川(なまえ)
藤川あなた
うるさいですね…
藤川(なまえ)
藤川あなた
宝石の呼吸
九の方
青龍
藤川(なまえ)
藤川あなた
ザシュッ
女は少し嫌そうな顔をした後なにか言い、その鬼の首をはねた
すとぷり
すとぷり
!?
鬼
な、なんでお前みたいなやつに俺の頸が…!
藤川(なまえ)
藤川あなた
…それは私が柱だからですね
鬼
は、柱!?
藤川(なまえ)
藤川あなた
さようなら( *´꒳`* )
サラサラ(´;ω;.:...
藤川(なまえ)
藤川あなた
大丈夫でしたか?
女が振り向き、しゃがみながら聞いてくる
ななもり。
ななもり。
あ、あなたは…?
藤川(なまえ)
藤川あなた
古より鬼を狩る
政府非公認組織
『鬼殺隊』です
すとぷり
すとぷり
鬼殺隊…
藤川(なまえ)
藤川あなた
まあ、皆さん見たところ迷子のようですし、蝶屋敷にでも行きますか。
るぅと
るぅと
蝶屋敷ってなんですか?
藤川(なまえ)
藤川あなた
そこの桃色の髪の方のように怪我をなさった方を治療するところです。
藤川(なまえ)
藤川あなた
さぁ、そこの桃色の髪の方、背中に乗ってください(*^^*)
さとみ
さとみ
あ、ありがとうございます!
藤川(なまえ)
藤川あなた
足に切り傷、腰に打撲ですね
さとみをジロジロと見たあとそう言い放つ
ジェル
ジェル
!なんでわかったんや!?
藤川(なまえ)
藤川あなた
目がいいので(*^^*)
藤川(なまえ)
藤川あなた
では桃色の髪の方も乗ったことですし、まいりましょう。
すとぷり
すとぷり
はいっ!