無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

ep7
정한Side
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
승철
승철
はぁ…吐きそ、
지수
지수
は!?ちょっとやめてよ?
승철
승철
食べすぎた、
정한
정한
ㅎㅎㅎㅎ
승철
승철
どうしたの急にㅎ
정한
정한
え?あ、いや
정한
정한
僕の考えてたスンチョルと
実際のスンチョルが全然違うから
승철
승철
どんなんだと思ってたの?
정한
정한
何か…どこでもキラキラしてる人。
気を休める所が無さそうで、
いつも皆に囲まれてニコニコして、
何か完璧人間って感じで
皆に慕われてるんじゃなくて
皆にプレッシャーをかけられて
毎日を過ごしてる人。
승철
승철
ジス通訳
지수
지수
だから、周りの人のせいで 
自分の毎日を過ごせてない的な?
超簡単に言ったら俳優だよ。
本来の自分じゃない人を
言われてもないのに毎日やってんの。
승철
승철
あぁ。今は?
정한
정한
ちゃんした一人の人間って感じ。
さっきも吐きそうとか
言ってたじゃん?人間味がある感じ。
승철
승철
それって良いことなん?
정한
정한
僕にとってはね。
승철
승철
そ。それは良かった。
지수
지수
午後授業入れてる人
정한
정한
僕入れてない
승철
승철
俺も
지수
지수
え、俺だけ!?
승철
승철
どんまいじゃんㅎㅎ
지수
지수
はぁ…
승철
승철
まぁ頑張れ!
지수
지수
おん、
정한
정한
じゃあねジス~
지수
지수
はいよ−
승철
승철
ハニはこのあとバイト?
정한
정한
うん!
승철
승철
じゃあついてこっかなぁ
정한
정한
え、!?
승철
승철
あ、え、嫌だった?
정한
정한
あ、いやいや嬉しいけど、いいの?
승철
승철
俺が行きたいんだからいーの!
정한
정한
分かった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
정한
정한
ヌナ~!来たよ!
店長
「おぉ!ハニちゃん!お疲れ~」
승철
승철
こんにちは
店長
「あら、ハニちゃんの彼氏?」
정한
정한
なッちょ、ヌナ何言っt_
승철
승철
そうです。
いつもハニがお世話になってます。
정한
정한
は?
え、は、何?ちょ、どゆこと?
店長
「あなたスンチョル君でしょ?」
승철
승철
そうですけど、
何で知ってるんですか?
店長
「この辺りで有名よ?イケメンだって」
승철
승철
そんなㅎㅎㅎ
ありがとうございます!
店長
「ハニちゃんいい人見つけたね!」
정한
정한
だから違うっt_
あの、勝手に話進めないでもらっていいですか?
店長
「私が見込んだだけあるわ~」
店長
「ハニちゃん華奢でか弱いから守ってあげてね」
승철
승철
はい!もちろんです!
店長
「まぁハニちゃん!今日も頑張ってね!」
정한
정한
あ、はい。
店長
「私ちょっと買い物行ってくるから」
정한
정한
うん
店長
「店番、よろしくね?」
정한
정한
はい!
店長
「じゃ~ねッ」
カランコロン
정한
정한
ちょっと!何であんな事言ったの!
승철
승철
え、やだった?
정한
정한
やだったも何も
全然そんな関係じゃないのに
意味分かんないッ
승철
승철
ごめんなハニ、怒るなって。
そうやって言ってくるスンチョルの手が
僕の頭を撫でた。
ちょっと照れたってのは内緒。