第6話

こっちの負け
2,381
2018/06/04 11:36
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
何奢ってほしい?

好きだと意識してしまえばこっちの負け。
私
なんでもいいですっ

志鶴先輩といられるなら。って。思っちゃうほど。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
んー。

最悪な出会いをしたと思った。

なんで私が生徒会なんかって。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
何、あなたも悩んでんの?

なのに今はこうして
志鶴先輩を大切に想ってる。
私
悩んでますね。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
相談乗ってほしい?
私
まあ...
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
しゃーねーな。
聞いてやるよ。だから奢りなしな。

先輩の。
私
好きな人。誰なんですか?

きっと私は、
最初から好きになるのがわかってたんだ。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
俺の?

今好きになったわけじゃない。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
言うわけねーだろ、ばーか。
私
ですよねぇ
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
それが悩み?
私
知りたいなってモヤモヤしてます。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
んーまあじゃヒントくらいやるよ。
私
おっ!

これを聞いて、嬉しいと思うのか、
心に傷ができるのか。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
女の子。
私
は、はぁ!?
そんなのわかってますよ!
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
ふふっ笑

好きだと気づいた日に静かに散って行くのは
流石に寂しい。

言われなくてよかったのかもしれない。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
ていうかお前さ。
私
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
朝礼の時くらいから俺の学年の男子に
人気なんだよ
私
なんでですか?
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
天然で可愛い子だって。
お前結構狙われてる。
私
人生初モテ期!
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
よかったじゃん.....

よかったじゃんって私の喜びをわかってくれなら。


もっと嬉しそうに。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
なんかムカつくな。

そんな顔しないで言ってよ。
私
なんで?

思わせぶりなこと言わないで。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
さあな。

期待しちゃうじゃん。
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
今日は朝からフラフラする...

学校ついたら今日配る手紙、生徒会室に
取りに行かないといけないのに。
私
はぁ...
こんこんっ
私
失礼します....
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
あ、きた。これお前の分な。
私
はい....
クラクラする。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
どうした?
私
大丈夫...ですっ
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
そんな顔色で言うな。保健室行くぞ。
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
私
38.6....
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
先生、もう今日は帰りなってさ。
家族の人は?
私
今日は仕事でみんないないです...
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
でもあなた1人で帰らせんのもな...
私
私帰れます、大丈夫です!
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
.....目瞑って。
私
え?ま、またですか?

私はためらいながらも目を閉じた。

すると。


ふわっ
私
え!?

体が浮く。


先輩にお姫様抱っこされてる!?
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
帰るぞ。
私
ちょ、ちょっと待って!!
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
なんだよ
私
お姫様抱っこはちょっと....
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
は? なんでもいいだろ別に。
....じゃあおんぶにするか?
私
まだそっちの方が...
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
んじゃそーしよ。

私最近太ったんだよね大丈夫かな。

お腹出てないかな。



心臓の音聞こえてないかな。

プリ小説オーディオドラマ