第9話

勢い
2,322
2018/06/10 10:44
私
はっ...?!
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
いや、お前にとかじゃなくて!
普通に...嬉しいだろ...
私
好きって言ってくれる人なら
誰でもいいってことですか?

「私」に言われるのが嬉しいんじゃないんだ。

そうだよね。
志鶴先輩好きな人いるんだもんね。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
は?そんなことだれも言ってなi...
私
好きですよ、先輩。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
...!
私
....嬉しかったですか?
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
あ、ああ...

何その顔。

しっかり照れてる。
私に言われるのが特別嬉しいわけじゃないくせに。
私
帰ります!お母さんも心配するんで。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
そう...だな...
私
じゃあ!
私は先輩にクルッと背中を向け、最後にこう言った。
私
私、どんだけお願いされても「好き」
なんて好きな人にしか言いませんよ。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
え?

今のは告白同然じゃん....
でも本当のこと。先輩だから言うんだよ。


私に好かれてる自覚。して...?
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
ママ
ママ
今日からは行けるわよね?
私
行きたくないー。
ママ
ママ
ダメ!生徒会の仕事も
任せっきりなんでしょう?
私
そうだけどさ...

その生徒会長に会いたくないんだよ

ママ
ママ
行ってらっしゃい
私
わかった....

会ったらどんな顔して挨拶しよう。

避けられるのかな。

それは嫌だな。


私のせいなんだけどさ。
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
下駄箱を開けると、1通の手紙が入っていた。



あなたさんへ

8:30に昇降口に来てください。
待ってます。
私
えっ....
ラ、ラブレター!?

8:30ってもうあと5分じゃん...やばい。だれかな。




先輩男子
あっ....
私
先輩男子
は、初めまして!

この人が....
先輩男子
俺、朝礼で君を見てから
ずっと好きでした!

や、やっぱり告白...!
先輩男子
付き合ってほしいなって。

この人普通にイケメンだし。
...って、顔で選んじゃダメだけどさ。

志鶴先輩には好きな人がいる、叶わない。
私
えっと....
この人を好きになれば。
私の気持ちは楽になるのかな。
私
...っ

でも...!
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
おいあなた!
私
え?
志鶴先輩?
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
朝生徒会室寄れって言ったろ....?
私
は?

いや、そんなん言われてな....
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
行くぞ。
腕を掴まれ、先輩に連れられた。
先輩男子
ちょ!!瀧川!!
...返事待ってるからー!
私
す、すいませーん!

申し訳ないことしちゃったじゃん!

志鶴先輩のせいで!
私
寄れなんて言われてないですよね!?
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
うん、言ってない。
私
ならなんで....
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
.......

生徒会室に着き、中に入るなり
先輩は勢いよく扉を閉めた。

プリ小説オーディオドラマ