第2話

仕事
3,283
2018/05/28 11:10
こんこんっ
私
失礼します...
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
あ、本当にきた。
私
約束は破りませんよ...
また、誰もいない。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
他の奴らなら来ないよ。
私
え!?
自分の心を読まれたようで、少し驚いた。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
仕事が大変だってわかった瞬間
このありさま。今遊んでるよ多分
そっか、だから人手不足だったんだ。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
お前きてくれて助かった
私
えっ...
照れた。

今まで冷たい言葉をかけられていたのに、
いきなりそんなこと言うから....
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
なに照れてんだよ。ばーか
私
て、照れてなんか...!
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
ふふっ笑
あなた面白いな笑
な、名前っ...!
私
あ、せ、先輩の名前何ですか?
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴。
志鶴でいいよ
私
志鶴先輩...
心が跳ねた。

なんでだろ。苦手な相手の名前を呼んだだけなのに。
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
私
し、志鶴先輩....このプリント全部
今日中じゃなきゃダメですかね....?
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
当たり前だろ。来月のイベントの
大事な手紙だ。
私
来月ならまだ....
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
ただでさえ人手不足で俺ら2人だけ
なんだ。ゆっくりしてられない。
私
でも....
先輩ほぼなにもしてないじゃないですかー!

私の机にだけプリントの山があるのは...
おかしくないですか?先輩。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
頑張って。俺飲み物買ってくる。
ありえない.....!!
私
ふー、
いいもーん、頑張っちゃおーっと。


がちゃっ


え?早くない?!
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
進んだ?
私
そんなすぐ進まないですよ..笑
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
はい。これ。
私
え?
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
手だるい。早く。
私
あっ、はいっ

ジュースを差し出され、急いで受け取る。
私
ありがとうございますっ.....

意外に優しいんだ。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
俺そこまで鬼畜じゃないから。
私
それはないですよ((即答
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
疲れた。
私
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
帰るぞ。
私
ちょっ...仕事...!
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
いいよ。もう今日の分とっくに
終わってる。
志鶴先輩に腕を引っ張られ、
私は急いでカバンを持ってついていった。
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
私
今日の分終わってたんですね
めっちゃ頑張ったのに。
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
あんなにあるわけないじゃん。
考えればわかる。
私
なっ...
私たちって、今日初めて会ったんだよね、?

容赦ない....
瀧川 志鶴
瀧川 志鶴
お前といると飽きないわ。ふふっ笑



私も。飽きない。


楽しいですよ、先輩。

プリ小説オーディオドラマ