無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

夢の続き(学パロ)
幸人
あー
幸人
もう卒業か、先輩
気が付けば、もう卒業式目前。
幸人
明日、先輩はこの学校から卒業する
そう考えると、寂しいなぁ。


やっぱり、伝えなきゃ。
幸人
屋上………は、立入禁止だし……
幸人
屋上までの階段なら……………
────────────卒業式が、終わった。
何?こんなところに呼び出して
幸人
先輩、俺
幸人
先輩の事が
「好きです」


そう、言おうとした。


その唇を塞ぐように
んっ………………………
幸人
ん………ん!?!?
俺と優さんの唇が重なる。
はぁ、
幸人
な、なんで………
んー、何となくかな
で、俺のことが、何?
なんで、聞くのかなぁ………


どうせ分かってるんだろ………………
幸人
先輩………好きです
………………
幸人
分かってたんですよね?
うん………………分かってた
幸人
嫌じゃないんですか?
嬉しかった、好きっていってくれて
幸人
………………そっか、良かった
だからこれからは
名前で呼ぶことや、


キスとか……その他、もろもろ……………


していいと言われた。
───────────────────
幸人
幸人
………………………なんで、
幸人
幸人
目、覚めちゃうかな
良いところだったのに………………



         ~continue~