無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

16話
相澤  消太
相澤 消太
……
一かたまりになって動くな!!!
相澤先生の声が、大きい訓練場に響いた。
1年A組
え?
相澤  消太
相澤 消太
13号!!生徒を守れ
天動  ○○
天動 ○○
ユウギッ!!
遊戯  庵
遊戯 庵
了解!!
ユウギは、急いで入り口にあるバックの元へ向かった。
切島 鋭児郎
何だアリャ!?また入試ん時みたいなもう始まってんぞパターン?
天動  ○○
天動 ○○
動くな!!あれは…ヴィランだ!!
遊戯  庵
遊戯 庵
(演技うま…)
静かにユウギは、クラウの演技のうまさに舌をまいた。
黒霧
13号に…イレイザーヘッドですか…。先日、頂いた教師側のカリキュラムではオールマイトがここにいるはずなのですが…
天動  ○○
天動 ○○
(はいぃ!?オールマイトがいない!!??は?なんで、なんで???)
相澤先生…いや、イレイザーヘッドの声が聞こえる。
相澤  消太
相澤 消太
やはり先日のはクソ共の仕業だったか
死柄木  弔
死柄木 弔
オールマイトがいないなんて…平和の象徴が…
死柄木  弔
死柄木 弔
何してるのかな?
天動  ○○
天動 ○○
(よく言ったーー!!)
八百万  百
八百万 百
先生、侵入者用センサーは!?
天動  ○○
天動 ○○
無駄だね
遊戯  庵
遊戯 庵
センサーが反応しないじゃん?向こうにそういうこと出来る“個性持ち”がいるんでしょ
相澤  消太
相澤 消太
13号避難開始!学校に連絡を試せ!センサーの対策も頭にあるヴィランだ。電波系の個性持ちが妨害している可能性もある。
相澤  消太
相澤 消太
上鳴、お前も“個性”で連絡試せ
上鳴 電気
っス!
遊戯  庵
遊戯 庵
(それこそ無駄だね。俺様が妨害電波を守ってんもん。一流のハッカーである俺様がただの個性で負けると思ってんの?)
相澤  消太
相澤 消太
俺は行ってくる!
天動  ○○
天動 ○○
手伝うよ!!
バッ!!
天動  ○○
天動 ○○
イレイザーヘッド!私は、異形系を!!そっちは発動系を!!
相澤  消太
相澤 消太
了解!!
天動  ○○
天動 ○○
舞風まいかぜ!!
あなたの手から乱気流と思われる一陣の風が敵に向かって放たれた。
グハッ!!
そして、自身の風を利用し、ふわりと軽やかに、空中に浮かんだ。
大分、生徒から離れたとは言え、障害物の何も無い、空中。生徒からは一目瞭然だった。
緑谷  出久
緑谷 出久
と……んでる…
それは、周りから見れば、クラウの方が有利に見えるだろう。だが、経験を少なからず培ってきた雄英高校ヒーロー科A組では全く違う意味を感じていた。
爆豪  勝己
爆豪 勝己
(何、考えてるんだ…。あんな、障害物も何も無い空中でやったら的になるだろうが)
そう、障害物も何も無いという事は盾になるものが無いということ。空中戦に有利な飛び道具を用いる個性持ちのヴィランから見たら奇っ怪な行動と思うだろう。
ハッハァ!馬鹿が!!自爆しやがった!!
その頃、クラウは…
天動  ○○
天動 ○○
(ユウギ、早くしろよ。)
と遠く離れた場所、いや肉眼では確認出来る範囲にいるユウギを見た。
まるで、今、自分がおかれた状況を無視しているかのように…。いや、危機とも思ってないかのように…。