無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

18話
天動  ○○
天動 ○○
『庵!!』
遊戯  庵
遊戯 庵
あなた、どした?
天動  ○○
天動 ○○
『私の姿をコピーお願い!!』
遊戯  庵
遊戯 庵
え゛、疲れるんだけども…
天動  ○○
天動 ○○
『いいから、お願いね〜』
遊戯  庵
遊戯 庵
ハァ、了解。
カタカタカタカタカタカタ、先程よりも速いタイピング音。そして、徐ろに黒いバックからコードを数本取り出し、パソコンに繋ぐ。
遊戯  庵
遊戯 庵
領域把握リョウイキハアク
ブゥンという重々しい音が響く。そして、USJの各場所に取り付けてあるカメラをパソコンと同期させた。
そして、ポケットからSDケースを取り出し、上から4番目のSDをパソコンに差し込んだ。
すると、画面上にあなたの姿が映る。何やら、戦っている様子のようだ。
遊戯  庵
遊戯 庵
チッ、やっぱおせぇな。2倍速にするか…。
よし、後でデータ取らせてもらおっ!
そして、パソコン画面に100%と表示された瞬間……
遊戯の目の前にあなたが現れた。
もちろん、本物では無い。
遊戯が手をかざすと、あなたの体が揺れる。これはプロジェクターで映し出された残像。それを起動させ、ここUSJ内で動かす。既に、ここUSJ内は遊戯のテリトリーだ。
遊戯はゲームコントローラーを持ち、あなたの体を動かす。
遊戯  庵
遊戯 庵
じゃ、いってらっしゃいー
遊戯がAボタンを2回連続押すと、あなたは走り出した。
──────────
天動  ○○
天動 ○○
ほいほい、
天動  ○○
天動 ○○
イレイザーヘッドの所にでも行くか。
おい、おめぇ!見ねぇ顔だな!!前線に居たか!??
あなたに近づく、異形型の個性を持つヴィラン。
天動  ○○
天動 ○○
……ん、後方に居たんですけど。案外、苦戦されてたそうで、応戦に来ました。
そうk
ヴィランが言葉を言い終わる前にに、グハッと倒れる。
天動  ○○
天動 ○○
!??
後ろを見ると……
轟  焦凍
轟 焦凍
フー……
轟焦凍が霜の降りている片手を、こちらに向けていた。
そして、あなたの狐面で隠され、暗い影が見える目を見ると、轟焦凍は静かに言った。
轟  焦凍
轟 焦凍
お前ら、何が目的だ────────?
あなたは、その問いを聞き、
天動  ○○
天動 ○○
ゾクゾクッ───ッ、
胸が高まる事を知った。