無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3


どこ行こう。

屋上はもう使えないし、
貴方
貴方
授業くらい、出なくてもいいよね
あそこの角を曲がれば、あまり知られていない狭い道に出る


曲がろうとすると、


ドンッ
貴方
貴方
いたっ、
マホト
マホト
いでっ、
マホト
マホト
あ、大丈夫?ごめんね
貴方
貴方
大丈夫です。さようなら
マホト
マホト
あ、ちょ、待って、
マホト
マホト
え、なにこれ
マホト
マホト
あの子の?
マホト
マホト
え?カッター?
マホトside
カッターなんて何に使うんだろう。


ましてや、ポケットから落ちたよね
マホト
マホト
ん?血?!
はじめ
はじめ
でかい声だなと思ったらお前かよ
マホト
マホト
あ、はじめ
リスカ.......かな
はじめ
はじめ
なにそれ
マホト
マホト
さっきね.......
.......ダメかな。言ったら。


あの子に迷惑かな。


ほんとにリスカだったら


嫌だよね
マホト
マホト
お、落ちてたから拾ったら自分の手切っちゃった‪w‪w
はじめ
はじめ
アホじゃん‪w
なんだろ、あの子気になる。


つづく