無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
あなたside



今日、ついてない。


なんで色んな人に声をかけられるんだ。
貴方
貴方
あそこのカフェ行こ


「Angelwink」ってカフェ。

結構前から通ってて

雰囲気が好きなんだ。
カランカラン
店員さん
店員さん
いらっしゃいませー
貴方
貴方
こんにちは
店員さん
店員さん
あ、あなたちゃん!いつもの席でいいよ
あの人がこの店の店員さん。


あの人は、考えることが不思議で


私と同じ、ちょっと心が黒い人なんだ。
店員さん
店員さん
はい、コーヒー
貴方
貴方
ありがとうございます
店員さん
店員さん
よくこんな苦いの飲めるね
貴方
貴方
え、だっていつもこれじゃないですか
店員さん
店員さん
わざと苦くしてるんだよ。わ・ざ・と♡♡
貴方
貴方
へぇー
店員さん
店員さん
そこ笑うところだから
貴方
貴方
.......美味しいですこれ
店員さん
店員さん
あ、そう!よかった!
たまーに、こうやってからかう。

ここにいる時だけ


どす黒い心が


少しだけ和らぐ
店員さん
店員さん
あなたちゃんって不思議。
高校生なのに、大人みたい
貴方
貴方
周りが子供なだけですよ
店員さん
店員さん
ふふっ笑面白い笑

この人、結構イケメンなんだよ?

別にタイプではないけど
貴方
貴方
今日いつもよりゆっくりしていってもいいですか?
店員さん
店員さん
いいよ。何時間でも居座っていきな
貴方
貴方
ありがとうございます



つづく