無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

30
じんたん
じんたん
テオくん!待ってよ!
テオくん
テオくん
じんたんごめん。今は1人にさせて
テオくん
テオくん
後、皆に伝えて。先に帰ってる
じんたん
じんたん
お、おう、




テオside



嘘つけ。心臓病なんて。


あんなに元気だったじゃないか。


ディズニーも行って、よみうりも行って。


あんなに元気に俺の名前呼んでさ。


あと3ヶ月なんて。


聞いてないよ。
いっつもこんなに元気で。
たまに照れて。
ほんとに好きだったんだけどなぁ。



諦めちゃダメだ。
あれでも俺
どうしてこの時に気づかなかった?
くっそ。


俺のせいで。
はぁ。









ごめんな。守ってやれなくて。



NEXT