無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

38
ピーーーーーーーッ
看護師
あなたさん?!あなたさん?!
貴方
貴方
.......
医者
急いで準備を!
看護師
はい!
テオくん
テオくん
あなた〜来たよ.......
エイジ
エイジ
え、ちょ、
医者
道開けて!
そら
そら
すいません.......
マホト
マホト
嘘.......だよな?



はじめ
はじめ
え、昨日までは元気だったんだよな?
じんたん
じんたん
うん、なんも変わってなかった
そら
そら
なんで急に、
ツリメ
ツリメ
聞いてないって.......
マホト
マホト
信じようぜ!残り1%だとしても!
リクヲ
リクヲ
だな!
テオくん
テオくん
.......
ポフッ  肩に手を乗せる
テオくん
テオくん
ん、?
エイジ
エイジ
信じよう。な?
テオくん
テオくん
おう、
ガラガラ
はじめ
はじめ
あなたは、!
医者
.......(時計を見る)
テオくん
テオくん
嘘だろ、.......?
医者
午前9時40分頃
早乙女さん。お亡くなりになられました。
テオくん
テオくん
ガタッ(くずれおちる)
マホト
マホト
てめぇ医者だろ?!医者でも治せなかったのかよ?!(胸ぐらを掴む)
はじめ
はじめ
まほっちゃん!
エイジ
エイジ
やめてください!迷惑ですよ
マホト
マホト
あ、あぁ
看護師
あの、こちらビデオなのですが、あなたさんが渡してくださいと、
そら
そら
テオくんへ
だってよ
テオくん
テオくん
.......俺.......宛.......
そら
そら
見てみなよ、
テオくん
テオくん
ぉぅ。


ビデオが再生される
「ばいばい!」
テオくん
テオくん
っ、.......
じんたん
じんたん
テオくん、ギュッ
テオくん
テオくん
うわぁぁぁぁぁ(泣)
テオくん
テオくん
グスッうぅ(泣)
マホト
マホト
ばいばいだったな、またねじゃ無くなってた
はじめ
はじめ
バカっ、!もっと泣かすんじゃねーよ
フワッ  カーテンが揺れる
テオくん
テオくん
、?
「ありがとう。テオくん」
じんたん
じんたん
あなたの声だな、
テオくん
テオくん
、笑





テオside



だから。早いんだよ。

あと、もうちょっとだけほんの少しだけでいいから、
一緒に居たかったなぁ。

まだ、愛していたかった。





誕生日当日に亡くなるなんて。


ほんとに馬鹿だよな。笑



大好きだよ。












じゃあな。あなた。

















NEXT