無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9
はじめ
はじめ
って、あなたさん?!
貴方
貴方
誰ですか?あなたって
はじめ
はじめ
え、?
はじめ
はじめ
ちょ、ちょっとまってて!
.......
そら
そら
あなた?!
貴方
貴方
.......?
そら
そら
何.......そのアザ.......
貴方
貴方
あ、あの!誰ですか??
そら
そら
え?
はじめ
はじめ
あなたちゃん、自分の名前も分からなくって.......
そら
そら
その前に、1回寝させてあげよう。
多分、寝てないでしょ?
貴方
貴方
いつから.......寝てないか分からない。
はじめ
はじめ
やばいやつやん.......寝ていいよ!
エイジ
エイジ
そこのソファでよくね?
そら
そら
おわっ、えいちゃん!
貴方
貴方
じゃあ.......
..........................................................
エイジ
エイジ
どういうことだろ.......
そら
そら
あなたさ、1ヶ月間学校来なくて、
はじめ
はじめ
知ってる。他学年のオイラの元にも届くくらいあなたちゃんの話、話題になってる
テオくん
テオくん
でも、あの子不思議ちゃんだった。
はじめ
はじめ
確かに.......って!なんでこんなに人いるの!?
じんたん
じんたん
はじめ先輩。鍵開いてましたよ。
そら
そら
.......愛桜。
テオくん
テオくん
誰?それ
そら
そら
俺、中学の時同じだった。
そら
そら
ちょっとやばい男子。
エイジ
エイジ
あ、居たよね。.......あっ!!!
じんたん
じんたん
何、でかい声出して
エイジ
エイジ
アイツ、女子1の手下だ。
テオくん
テオくん
っ、.......あなたに聞こう。
つづく