無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

9話
in家

_やばいです!



寝坊しました笑


いや…学校2日目で遅刻とか絶対悪い印象しか持たれへんやん…


まぁこうなったら急ぐ人が多いと思いますが

私の場合ゆっくりします笑笑










そろそろ行きましょか

ただいまの時刻9時45分


「行ってきますー」






15分後



ですよねー

門開いてるわけないですよね笑笑


てか
普通なんかインターホン押すところあるくね?

なんでないん?



これは柵を超えろと?





よっしゃいっちょやったりますか、





その頃教室で

流星side

あーまたのんちゃん自分の世界入っておんなじ話しかせえへん笑
暇やなー



小瀧「だから、俺は、この世界に入ってん!」




これ今日で3回目ですよ??


????

窓見たらさ
柵を頑張って超えてる女の子が…



あれ絶対あなたやん!笑笑



「大ちゃん!大ちゃん!」

西畑「どしたん?」


「外見て、」



外見て
西畑「笑笑なんか頑張ってますね笑笑」

「頑張ってますねー女の子やのに笑笑」

西畑「これは、先生に言ってあげたほうがいいかな??それとも行ってあげた方がいいんかな?」



風雅「大吾くん、ほっておきましょ笑笑」



小瀧「おい!おいおい!俺の話聞いてる?笑笑

てか窓見てなにしてんのん?」




西畑「のんちゃん一回窓見て!」


小瀧「窓?」



あなたが必死に柵を越えようとしてる


小瀧「あっはっは!あの子おもろいな笑笑」

「授業中にあんなん視界に入ったら授業入ってきませんよ笑笑」


高橋「あーすごいっすね笑笑」

小瀧「よし!みんなで
窓開けて応援しよ📣笑笑」


窓開けて

みんな「頑張れー」







あなたside


みんな「頑張れー」




は?誰に言ってるん?

てかなんか聞いたことある声やし…



藤原「あなた頑張れー!」


確実に私ですね…


声する方を見ると


クラスのみんなが小瀧先生と一緒におるし…


ばーり恥ずかしいですけど笑笑





よっし!

無事校内に入れました!!


ガッツポーズしっかりみんなにしたった笑笑





?「おい!何してんねん?」


うわーなんか聞いたことあるー声なんですけど


あなた「あはは…みんなに応援されてたから?頑張って柵超えてました…」



中間「お前、2日連チャン遅刻ちゃん?」


あなた「いやー?昨日のは遅刻にならんと思いますけど…?」



中間「ここの学校普通にインターホンあるから次からおせ!
それに柵を超えるな
危険やから」


あなた「わかりました
すいませーん」


中間「おもってへんやろ!笑笑」









思ってるわけないやろ!




こっちはなインターホンがないことに怒ってんねん!









その頃教室





小瀧「えー無事にあなたさんは校内に入ることができました笑笑」

藤原「それに淳太くんに見つかってめっちゃ言われてました笑笑」


西畑「まじ最高な女の子だと思います笑笑」


クラス「爆笑」




がらがら


あなた「…どもー無事に校内に入ることができました笑笑
応援ありがとう笑笑」








はぁーなんかクラスの有名人になったみたい






「あっ!みっちー探偵部の報告書だした?」


道枝「だしてへんよ笑笑
あれみんな揃ってから出さなあかんっていう決まりやから笑笑」


「なんかごめんな笑笑」













とにかく、ここの学園の生徒と先生は

めっちゃ面白いです!





次回 報告しに行きます!



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 ゆか 🧡💙
ゆか 🧡💙
ジャニーズ WESTの藤井流星くんと なにわ男子の大西流星くん担です! 大西流星 8月7日 藤井流星 8月18日!! 小説描くので面白かったらお気に入りとハートよろしくお願いします🤲 よろしくお願いします!
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る