無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

11話 久しぶりの依頼
ここ最近



この学園にね慣れてきましたあなたです!!







あの探偵部なんですけど…



ここ最近依頼がなくて…




ずっと放課後は


探偵部のみんなとワイワイ喋ってます!









プルル プルル


大橋「はい。こちら探偵部です…

…はい…えっ?そんなことがあったんですか!?…」




あなた「これはだいぶとやばそうな仕事が来たかも…」


藤原「そやな。あの大橋の反応見たら
結構やばそうかもやで。」


風雅「また怖いのんやったら俺もう嫌やから琥太郎行ってな!」

岡崎「…え?まぁ…この前行ってないしいいけど」

大橋「…ぜひ探偵部が解決します!

…あの…
誠に申し訳ないんですが
もう一度以来の方行ってもらっでいいですか??」


大橋以外「…えっ!?聞いてなかったん!」☜心の声



流星「さすがはっすんやわ!」

西畑「やばいでしょ!笑」


藤原「…あのこれでもリーダーやねん…」



さすが


大橋君ですね!


ちなみに私そういう男の子嫌いじゃないんです!☜そんなん誰も聞いてないby作者






高橋「ところで…以来なんやったんすか??」


大橋「なんか…ここ最近三階の南階段の横の水道の水が出てるらしいねん。
で…壊れてんちゃん?って思って
管理作業員さんに直してもらおうって言ったけど壊れてないらしくて…

とりあえず探偵部が謎を解き明かして欲しいって


中間淳太君からの依頼」



藤原「…へぇーそんなことがあったやんや」


流星「これなんか不気味ですね」

あなた「ほんまやな!
壊れてるならまだしも壊れてないのに
水道の水が出てるか…」


大橋「…しかも毎日らしいで?
淳太君が毎日やから俺止めるのめんどくさいやって笑」


あなた「まぁー中間先生1番お年をとってるからすぐめんどくさくなっちゃうんかな?笑」

☜「そんなん年とってても関係ない!!」
by中間



高橋「それありえますね!笑笑」


長尾「それで?大橋君
誰がまた行かんとダメなんですか?」


大橋「そーやな…くじ引きにする??」


西畑「いやいや!ねぇっ!くじ引きとかやめましょ!!」

風雅「ほんまっすよ!またちょっと怖い思いするかもっすよ」


藤原「あっはっはっ!二人ともあれやろ?怖いから行きたくないんちゃん?」

あなた「まぁ…前回のは確かに怖かったけど…なんか面白そうやない?」

西畑「じゃあ俺は、おおにっちゃんがおらんと行かん!今回は!」



流星「…大ちゃん!もし大ちゃんが行ったとしても僕は応援するから!
頑張ってる大ちゃん好きやで?」


西畑「…好き!?まじ!
もぉー俺頑張れるわ」


あなた「…ふっちょろいな」小声

流星「まぁ…笑」


大橋「じゃあー大吾とあなたは、決定な!

後のメンバーどーする?」



あなた「…まって!なんで私も!」


大橋「なんかあなたはあおいより報告書書くん苦手そうやから!」


あなた「そんな理由!」




まぁ…おもろそうやから…

いいけど…



大橋「じゃあ…後のメンバーは


ジョー君
ミッチー
琥太郎

でよろしく!」





決まったメンバー「はーい」










このメンバー

初なんですけど!!





さぁ



現場へlet's go










次回 初メンの性格が明らかに!






シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 ゆか 🧡💙
ゆか 🧡💙
ジャニーズ WESTの藤井流星くんと なにわ男子の大西流星くん担です! 大西流星 8月7日 藤井流星 8月18日!! 小説描くので面白かったらお気に入りとハートよろしくお願いします🤲 よろしくお願いします!
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る