無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,471
2018/11/05

第6話

教えて下さい(5)
ショッピ
シャオさん、シャオさん。
シャオロン
んー?
なんや、ショッピ。
ショッピ
悩み事とかあります?
それか、隠し事。
シャオロン
特にないで...。
ショッピ
本当のこと、教えてください。
何故か、急にシャオさんのところに行き、無理やり話を聞こうとする俺。

申し訳ないが...。

いや、そうでもない?

すると、シャオさんは諦めて、
シャオロン
あるにはあるで。
と、言った。

俺の顔はきらきらしていたのだろう。

何も言わなくとも話を進めるシャオさん。
シャオロン
俺さ、コネシマに平均化した言われたやろ??
しかもショッピとキャラ被りだのなんだの...。
どうしたらええのかなーって思っとるんよ。
シャオさんらしい、悩みだった。

どうせなら本音をぶちまけてやろうと思った俺は、
ショッピ
別に、キャラ被ってもいいんじゃないっすか?
勝手に口が動いてた。

そんな言葉にシャオさんはぽかんとしていた。

(º ロ º*)←←←←こんな感じっすよ。
ショッピ
2人煽りキャラがいても面白ければいいと思うんですが...。
必ずも違うキャラで行けとは誰も言ってないですから。
俺と、シャオさんで煽り組としてやって行きましょ!
その後、泣き出したシャオさんが俺に抱きついてきた時はやばかった。()

ある意味、いい思い出になったと思います。

平均化したシャオさんも全然いいと思うのですがね...。

1級のシャオさんの煽りがこれからも続きますように。