無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,335
2021/02/10

第11話

それからというものは悟を避け続けた。











そうしているうちに私の受験は終わり無事合格した。










私は悟に何も言わずに家を出ようとした










学校の手続きは両親がしてくれたためもう準備はできている










そうして私は3年間家に帰らない覚悟で出た









はずなのだが







なぜか悟に抱きしめられている









「姉さんは俺から逃げられないよ。」








そう言うと、さっきよりも強く抱きしめられた。












『何を言ってるの?』








悟はふふっと不覚的な笑をうかべるだけだった









「3年間思う存分楽しんできてよ。」






悟の意外な言葉に驚いた










「ありがとう、じゃあね」