無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,280
2021/02/23

第12話

あれから高校生活が始まった。










友達がたくさんできた










前は女の子の友達も悟が許可してくれた人じゃないと遊べないし、、










そもそも話させてくれなかった










男の子なんてもってのほかだ










だから今思うと悟の束縛が当たり前だと思っていた自分が怖かった。










そうさせられていたのだけれど・・・










毎日充実しているのになにか物足りない













女の子は恋愛話が好きだ










私はよくモテていると聞くけど好きだと思う相手がいないし










彼氏もつくろうと思っていた











でも、告白されても嬉しいと思わない











好きな人じゃないから?












試しに付き合ってみるのもありだよっと友達に言われたから付き合ってみようかと考えたりもした











だが、誰かにとめられているかのような感覚に陥る












とめられているというか見られている











監視されている











そんな気がするのだ










悟がここにいないことは分かってる










自分が何故そうなるのか分からない










そんな日々を繰り返している