無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
7
2021/09/09

第1話

消失
1 I
悔いの残らない人生が 一番いいのかな
A
まだ眠たい目をそっと開けて
また今日かって呟いた
地球はずっと回ってる
朝が来ない日はない
B
君から好きだと言われて
初めてできた彼氏と
波打つ海岸沿い
C
ゴムの匂い スローに見える視界 鈍い音
あの出来事を一生忘れないよ
S
「愛してる」そう伝えたのが間違いだったの?
伝えなければ 君と手をつなげていたの?
どうして どうして
あの時伝えてしまったの? 嗚呼、、、
2 A
後悔なんてしたくないのに
「あの時は」ってまたしてる
君が私の前にいなければ
また同じことを考えていた
B
君がいないとつまらない
初めて見つけた感情と
手に取ったナイフ
C
青黒い 母が好きなナイフ 波の音
この出来事で一生を終えるよ
S
「愛してる」その言葉すらも忘れちゃって
願うことなら君と手を繋いでいたかった
許して 許して
あの時のことを許して 嗚呼、、、
「愛してる」ずっと言っておけばよかった
そうしたなら君と手を繋いでいたのに!
お願い お願い
もう一度手を握って