無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

誘拐②
(なまえ)
あなた
この3袋、あんまり重くないなぁ…
私はごみ捨て場の前で言った
(なまえ)
あなた
おいしょっ……
ガサッ
(なまえ)
あなた
うん!これでいいよね!
(なまえ)
あなた
(………?なんだろう)
私はなんとなく後ろを振り返ってはいけない気がした
(なまえ)
あなた
(………怖いっ……)
無意識にそう思い、その場から動けなかった
……クスッ…
後ろから男の人の笑い声が聞こえてー……
(なまえ)
あなた
っ!?
口を抑えられ、地面に倒された私が見たのは





























ななもり
ななもり
バーカ





































ななもりくんの不気味な笑顔だった