無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

転校先
担任
今日は、転校生がいる。
……今更思えば最悪。
担任
ほら、入れ
なんで私、









吸血鬼学校だと知らずに入っちゃったんだろう
(なまえ)
あなた
……はじめまして。あなたです。
莉犬
莉犬
えっ!?
普通に可愛い!
(なまえ)
あなた
…は?
さとみ
さとみ
可愛いなー
(なまえ)
あなた
(これってナンパ?ナンパ???)
私が混乱していると、
心
ちょっと男子!
転校生が困ってるでしょ!!
(なまえ)
あなた
わっ……
(なまえ)
あなた
(可愛い子だな。)
担任
静かにしろー。
……えー。あなたの席は……心(こころ)のとなりだな。
心
こっちおいで!
(なまえ)
あなた
あ、はい。
ガタッ(席につく)
心
私、心っていうの!年齢は中3……って、同い年だからいう必要ないね!
(なまえ)
あなた
あ…私はあなた。
よろしくお願いします
心
敬語じゃなくてもいいよ!気楽に行こ!あと私の名前、ちゃん付けで!
(なまえ)
あなた
はい。……じゃなくて、うん。
この学校に、馴染めるかな。
心ちゃんとは仲良くなれそう。

















なんて気楽に思ってる場合じゃないことを、私はあとから知ることになった。