無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

真実の体験②
(なまえ)
あなた
えっ……?
ガリッ
(なまえ)
あなた
痛っ……!
私はころんくんに何か牙のようなものを首に付きたてられた
ころん
ころん
ゴクッ…ゴクッ………
(なまえ)
あなた
!?
私の血を…のんでる?
(なまえ)
あなた
いやぁぁぁぁ!!!
私は思わずころんくんを突き飛ばしてしまった。
ころん
ころん
いって………
るぅと
るぅと
ころん、大丈夫でしたか?
ころん
ころん
あー!もー!いいとこだったのにー!
(なまえ)
あなた
はぁっ……はぁっ…!
私の頭の中はパニック状態になっていた
心
あなた…!
ななもり
ななもり
心ちゃん、ちょっと静かに…
心
は!?っ…!!
目の前で心ちゃんも血を飲まれた
(なまえ)
あなた
こっ……心ちゃ…
ころん
ころん
もっかい飲ませてね?
(なまえ)
あなた
!!
ころん
ころん
ねーさとみくん、この子の口、ふさいでて
さとみ
さとみ
OK。
よいしょ……
(なまえ)
あなた
もごっ………
ころん
ころん
んじゃもっかい…
ガリッ
ころん
ころん
…ゴクッゴクッ…ゴクッ……
(なまえ)
あなた
い……やだ
ー……わたしの意識は遠くなってしまった