無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

……走りすぎて…かな。目の前が、だんだん暗くなっていく……
(なまえ)
あなた
はぁっ……はぁ…!
やばい、早く逃げなきゃ
(なまえ)
あなた
っ………はぁ……はぁっ……
(なまえ)
あなた
さっきの爪が、じんじんするっ……
実は…ね。
私は爪で引っ掻いたとは言ったものの、
ホントはそこらへんで拾ったガラスの破片でやったの(ポケットに入れてて。)



…それで片手でやったものの、あの4人の血がついた
すごいきれいなガラスの破片だし、と思って持って帰って……正解だ。
(なまえ)
あなた
(ひどいことしてるのはわかってる……わかってる、けど!)
(なまえ)
あなた
逃げたかったの…!!
少し周りを見ようと、立ち止まったとき
るぅと
るぅと
やっと見つけました
(なまえ)
あなた
!?
るぅと
るぅと
手に、血がついてるでしょう?僕らの血が。
るぅと
るぅと
簡単に言えば、その血と僕らの体は連動してるって思ったほうが早いかもですね。
るぅと
るぅと
自分にとって、何か不運なことが起きたときだけ、使えるんです
るぅと
るぅと
なんか頭があなたの場所はここって思うところに進んでたら、出会いましたね
(なまえ)
あなた
……意味がわからないよ!!
(なまえ)
あなた
やだ!私はあんたたちの言いなりになりたくない!!
るぅと
るぅと
でも、結構血だらけですよ?もう苦しいでしょ??
(なまえ)
あなた
っぅ……!
私はその途端、るぅとくんにお姫様だっこをされた
(なまえ)
あなた
やだ!!離してっ!
るぅと
るぅと
それは無理です。
るぅと
るぅと
……血を出して、僕にそんなに飲んでもらいたいんですか?
(なまえ)
あなた
なわけ無いでしょ!!
るぅと
るぅと
…血を飲まれたくなければ、じっとしてて下さい。
……私は抵抗できず、そのまま家へと帰った
るぅと
るぅと
ただいま
ななもり
ななもり
おかえりなさい
莉犬
莉犬
もう!!さっきの破片のやつめちゃくちゃ痛かったから!!
ころん
ころん
いや莉犬、状況見ろw
そんなこと言ってる暇はねーだろw
さとみ
さとみ
あれれー、ころんが真面目なこと言ってるー
ジェル
ジェル
なんかいらつくわぁw
ころん
ころん
ええ?!
るぅと
るぅと
とりあえず、なーくん。はい。
私はつぎになーくんにお姫様だっこをされた
ななもり
ななもり
ん……じゃ、俺の部屋連れて行くね
(なまえ)
あなた
……