無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

仲間
ななもり
ななもり
……ここ?
さとみ
さとみ
うん。なぁ?るぅと。
るぅと
るぅと
はい!
十六夜 瑠奈
十六夜 瑠奈
絶対許さない……
莉犬
莉犬
行こっ!
ななもり
ななもり
はいはいストップねー
ころん
ころん
あれ!?なーくんが二人!?
ななもり
ななもり
はぁ!?
ななもり
ななもり
僕が偽物だよ。
ななもり
ななもり
あなたを助けに来たんでしょ?
ジェル
ジェル
せやで!!分かってるんならはよ返しT((
ななもり
ななもり
うーん……まずはあなたを戦って?
清水 蓮
清水 蓮
は?
(なまえ)
あなた
…………(少しボーッとしている)
莉犬
莉犬
あっあなた!良かったぁ〜
(なまえ)
あなた
……近………な…
莉犬
莉犬
え?
(なまえ)
あなた
近づくな!!!
あなたは足で莉犬を蹴ろうとした
莉犬
莉犬
うえ!?
ころん
ころん
クスクス……
ころん
ころん
んあ!?何で俺がいんの!?
莉犬
莉犬
注射を打ったんだよ
さとみ
さとみ
簡単に言えば…幻覚作用がある。
自分が敵意を持っている人が仲間に見え、敵意を持っていない人が敵に見えるクスリ。
るぅと
るぅと
面白いことになりそうですね…
ジェル
ジェル
まぁ、取りあえずめちゃくちゃにしろよ。あいつらを
(なまえ)
あなた
うぐっ………
ころん
ころん
(ナイフを渡す)
ころん
ころん
それであいつらを思いっきり刺しな
(なまえ)
あなた
うが……うがぁぉぁぁ!!!!
十六夜 永和
十六夜 永和
あのままじゃ絶対に殺られるって!
夜月 零
夜月 零
足の速さがとても人間とは思えないほど速いわね…
十六夜 瑠奈
十六夜 瑠奈
私が止める!!
全員
全員
はぁ!?
十六夜 瑠奈
十六夜 瑠奈
目覚めなさいよぉぉぉ!!!あなた!!!
ジェル
ジェル
ねぇなーくん!
ななもり
ななもり
何!?
ジェル
ジェル
あなただって絶対俺らに敵意持ってるじゃん!
ジェル
ジェル
血をむりやり吸われてさ!
ジェル
ジェル
嫌ってるはずなのに…なんで俺らに攻撃してくるけ!?
ななもり
ななもり
たっ…確か…に……
ジェル
ジェル
おかしいよ!何で!?
(なまえ)
あなた
うがぁぁぁ!!!!
ななもり
ななもり
(今は俺らに比べて敵意が偽物のほうが強いのかもしれない)
ななもり
ななもり
………それよりっ
あなたを止めよう!