無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

手のひらの上
ビルの前
莉犬
莉犬
ここが、マフィアの本部か
ななもり
ななもり
そうだな
ころん
ころん
早くいこう
さとみ
さとみ
まって
さとみ
さとみ
正面突破はまずいでしょ
ころん
ころん
じゃあどうしろって言うんだよ
・・・
さとみ
さとみ
正面突破…しかないな
るぅと
るぅと
いきますよ
ジェル
ジェル
提案、
るぅと
るぅと
はい?
ジェル
ジェル
これは分かれて捜索した方がいいと思う
すとぷり
すとぷり
賛成(ジ×)
ななもり
ななもり
じゃあ
ななもり
ななもり
莉犬とるぅとで左から、ころんとさとみで正面に、俺とジェルで右から行く
すとぷり
すとぷり
オッケー(な×)
そう言うと、目の前のビルに進んで行った
………………………………………………………………
ビル19階(全部で25階)の暗い道
あなた視点
あなた

ううっ、

足が思うように動かない…なんでだろう…
私が気を失っている間に何かされたのかな…
壁をつたって歩く
あなた

…あ

……?
……?
…ふふふ、
すると目の前に…
あなた

…どうしてここに…

あなた

……お母さん

……?
……?
どうしてかって…
纚美欛
纚美欛
それはね、お前を迎えに来てあげたんだよ
あなた

…え

…私を迎えに来た?
いやだ、行きたくない…私には居場所がある
纚美欛
纚美欛
何を言っているの?
纚美欛
纚美欛
あそこにはお前の居場所などない
あなた

…そんなわけ、

纚美欛
纚美欛
あいつらは、お前を助けにこない…
あなた

…きっと助けてくれる!

纚美欛
纚美欛
…あなたを置いて逃げたのだ
あなた

…違う…違うって!

纚美欛
纚美欛
でもまふまふがこう言ってたぞ、
お前が気を失うと、お前を置いて逃げ出したと
あなた

…そんなの嘘だ、違う、惑わされない

あなた

そんなことない、私を助けようとしてくれた!

纚美欛
纚美欛
…これ以上言っても無駄、か
纚美欛
纚美欛
…それじゃあ仕方がない
あなた

…そこをどいて、

纚美欛
纚美欛
子供は黙って親の言うことを聞いてればいいのよ!!!!!
あなた

…!?

一歩下がる
纚美欛
纚美欛
…ふふ
あなた

…(なんで笑ってるの?)

あなた

…(あれ)…

声が出ない…
纚美欛
纚美欛
…失敗か、でもいい気味よ!
纚美欛
纚美欛
ふふっ、次は失敗しないわ
纚美欛は白い針のようなものを出す
シュッ

纚美欛はそれを投げる
あなた

…っ!

それをすると同時にあなたの意識はだんだんとなくなっていった
纚美欛
纚美欛
やっとくたばったようね
纚美欛
纚美欛
ふふっ
纚美欛
纚美欛
今から働いてもらうわ、あなた
纚美欛が手をあげる、すると意識のないはずのあなたが立った
纚美欛
纚美欛
行くわよ
そう言うと纚美欛は闇の中に消えた
あなたはそのあとをついていく
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
作者
作者
最近1話しか出せなくてすみません!
作者
作者
時間制限が…
作者
作者
1話しか出せないので
作者
作者
今日は長めです
作者
作者
バイ!_:(´ཀ`」 ∠):