無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

お願い!
あなた

誰!?

Nakamu
Nakamu
僕はこの病院の医者のNakamuだよ
ななもり
ななもり
さっきの助けれるって…
Nakamu
Nakamu
莉犬くんを救えるかもしれないってこと
Nakamu
Nakamu
ただ…
Nakamu
Nakamu
救える確率は1%しかない
Nakamu
Nakamu
それでもいいなら…
あなた

お兄ちゃんを救えるのならお願いします!

Nakamu
Nakamu
わかった
そう言うとNakamuは莉犬の近くの椅子に座り莉犬の胸元に手を当て、目をつぶった
…………………………………………………………
真っ白な世界
莉犬
莉犬
ここは何処だろう…
莉犬
莉犬
そっか僕は死んじゃったんだ
周りを見渡しても誰もいなかった
莉犬
莉犬
僕…グスッ
泣き出すが、誰にも届かない
すると一点に光が集まっているところがあることに気づく
莉犬
莉犬
なんだろう…
光へ近づくと…中から人が出てきた
Nakamu
Nakamu
…莉犬くん!…よかった…
莉犬
莉犬
はい?
Nakamu
Nakamu
さあ行くよ!
莉犬
莉犬
え?は、はい!?
莉犬は無理矢理手を引っ張られ光の中へと連れてかれた
その光の先は…
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
作者
作者
短くてすみません
作者
作者
ここで切りたいです(展開的に)
作者
作者
では
作者
作者
バイ!(^_-)