無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

え、歌うの!?
あなた

え、私が歌うの?

あなた

む、無理だって、下手だから!

ななもり
ななもり
そうかなぁ?
ななもり
ななもり
まあ、いいから
ガチャ
ななもり
ななもり
あなたきたよ!
あなた

え、マイク…

ころん
ころん
僕からリクエストだよ!
ころん
ころん
心なし歌って!
あなた

う、歌えるかな?

ころん
ころん
さあ!始まるよ!
あなた

こうなったら頑張って

あなた

ねぇ、もしも全て投げ捨てられたら
笑って生きることが楽になるの?
また胸が痛くなるから
もう何も言わないでよ

ねぇ、もしも全て忘れられたなら
泣かないで生きることも楽になるの?
でもそんな事出来ないから
もう何も見せないでよ

君にどれだけ近づいても
僕の心臓は一つだけ

酷いよ酷いよ、もういっそ僕の体を
壊して引き裂いて好きなようにしてよ
叫んで藻掻いて瞼を腫らしても
まだ君は僕の事を抱きしめて離さない
もういいよ

ねぇ、もしも僕の願いが叶うなら
君と同じものが欲しいんだ
でも僕には存在しないから
じゃあせめて此処に来てよ

君にどれだけ愛されても
僕の心臓は一つだけ

やめてよやめてよ、優しくしないでよ
どうしても僕には理解ができないよ
痛いよ痛いよ、言葉で教えてよ
こんなの知らないよ
独りにしないで

酷いよ酷いよ、もういっそ僕の体を
壊して引き裂いて好きなようにしてよ
叫んで藻掻いて瞼を腫らしても
まだ君は僕の事を抱きしめて離さない
もういいよ

ねぇ、もしも僕に心があるなら
どうやってそれを見つければいいの?
少し微笑んで君が言う
「それはね、ここにあるよ」

あなた

ふぅ

あなた

…ってみんな?

あなたが振り返ると
ころん
ころん
あなた…上手すぎて泣く…
ななもり
ななもり
この選曲でこの声は泣くだろ
莉犬
莉犬
(´;ω;`)
みんな泣いてました
るぅと
るぅと
あなた!もう一曲!
るぅと
るぅと
たばこでいきましょう!
あなた

その曲かぁ

あなた

昨日の夜から君がいなくなって24時間がたった
僕はまだ一歩も外には出ていない

マイペースでよく寝坊する君のことを想って
5分早めた家の時計 もう意味ないな

たばこの嫌いな僕を気遣って
ベランダで吸ってたっけな
カーテンが揺れて目があつくなった
もうそこに君はいない

「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って
その言葉が君には重かったの?
「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って
言わなければ 君はここにいたかな

僕のことはたぶん君がよく知ってる
眠たいときに体温があがる
キスはみじかめが好きってことも

そのとき想った 僕は君のこと
どれくらい分かってたんだろ
一番最初に浮かんできたのは
君の好きなたばこの名前

「もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと」って
いまさら気づいてもおそいよな
「もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと」って
今気づいたってなんの意味があんだ

君が置いていったたばこ
僕の大嫌いなものなのにどうして火をつけてしまった

君の匂いがしたのさ 君の匂い
ひとくち吸ってしまった
でも やっぱりむせた

「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って
言わなければ 君はまだここにいたかな
『もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと』って
少し苦い君の匂いに泣けた

あなた

ほい!(*'▽'*)

あなた

ってみんな?

感動していました(´;ω;`)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
作者
作者
今回の二曲は私の個人的に好きな曲です
作者
作者
ころん の心なしいいよね(個人の意見です)
ころん
ころん
ありがとう!
作者
作者
最近るぅとくんのたばこ聴いてるけど最高よ(個人の意見です)
るぅと
るぅと
ありがとうございます!
作者
作者
それでは!
作者
作者
バイ!(*'▽'*)
すとぷり
すとぷり
バイ!(*^ω^*)