無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

93
2020/04/04

第24話

-24-
ー次の日ー
五月女透華
五月女透華
ねぇ、やっぱ…………
梅
大丈夫だから‼️
恋雪
恋雪
自信もって‼️



やっぱ心配だった

また何か言われるんじゃないかって






顔がまともにあげられない…………
私は顔を伏せたまま校門までの道を二人と並んで歩いた
善逸
善逸
あ、透華ちゃん達じゃ…………ない!?!?!?
誰その美人!!!!!!!!!!ねぇ、梅ちゃん‼️
梅
聞いて驚くがいい←どうした
透華だ‼️
善逸
善逸
うぇえぇぇぇぇぇ!?!?!?!?
冨岡先生
冨岡先生
うるさい‼️髪を黒く染めろ‼️
善逸
善逸
理不尽‼️
炭治郎
炭治郎
善逸、朝からうるさいぞ
おはよう透華。切ったんだな
似合ってるぞニコッ
五月女透華
五月女透華
カァァ/////
あ、ありがと//
炭治郎
炭治郎
どうした?顔赤いぞ?大丈夫か?








炭治郎に似合っていると言われて、何か私の知らない感情が降りてきた








なんかただ嬉しいんじゃなくて、こう……………
わかんないや
伊之助
伊之助
おい、お前誰だ?
五月女透華
五月女透華
透華。五月女透華だよ
伊之助
伊之助
透助、そんな顔してたのか‼️
五月女透華
五月女透華
透華ね?
恋雪
恋雪
ね?皆似合っているって言ってくれるでしょ?
五月女透華
五月女透華
うん‼️
すっごく嬉しい‼️
(可愛い!!!!!!!!!!)