無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

74
2020/04/07

第26話

-26-
今ですね、数学の授業なのですが、























もんのすごく眠いです
今日は雲一つ無い晴天でございまして、窓側の私の席には、太陽の暖かい光が入ってくるわけで、ポカポカしてるんですよ











眠くなる条件が
揃いに揃ってるんです







ただ一つを除いて
不死川先生
不死川先生
五月女ェ
寝るなよォ寝たら課題追加すんぞォ
五月女透華
五月女透華
いや…です……zz
バシッ
五月女透華
五月女透華
いでっ
不死川先生
不死川先生
寝るなっていったよなァ
恋雪
恋雪
先生!!ここわかんないです‼️
ありがとう恋雪ちゃん







貴方は神様です
あ、ヤバい

どんどん瞼が重たくなる





もう諦めよ
おやすみなs…………
不死川先生
不死川先生
アホォ‼️寝るな五月女ェ
五月女透華
五月女透華
は、はい!!すみませ…んでした…………
梅
透華ぁぁ!!起きろぉぉぉ
五月女透華
五月女透華
はいぃぃ!!
梅ちゃんの声で眠気ぶっ飛びました
不死川先生
不死川先生
一回で聞けェ
五月女透華
五月女透華
すみません
次は気を付けます
多分…………
不死川先生
不死川先生
ア"ァ?
五月女透華
五月女透華
おー怖
不死川先生
不死川先生
追加課題な
五月女透華
五月女透華
嫌ですごめんなさい
不死川先生
不死川先生
ならもう寝るなよ
五月女透華
五月女透華
はい
梅
先生、モブが寝てます
モブ
Zzzzz
不死川先生
不死川先生
起きろォォォ!!!!!!!!!!
バコォン





ピューン
キラァン








今ここにいる誰もが思っただろう










何故五月女だけス○ブラくらわたかったんだと
それは不死川先生本人しかわかりません
不死川先生
不死川先生
俺も知らねェ