無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

132
2020/03/27

第9話

-9-
梅
んじゃね~
恋雪
恋雪
また明日~
五月女透華
五月女透華
バイバ~イ








私一人だけ二人とは違う方向に帰っていく。







家までの道のりはそう長くない
歩いて20分程だろうか


今日も甘い匂いが漂っている
どこからの匂いなのだろうか
いつも嗅いでいる匂いだが、それがどこからのものなのかは知らない



五月女透華
五月女透華
(まっすぐ帰る気にもなれないし匂い辿ってみるか)

















なんの匂いなのかもわからないままその匂いだけを頼りに歩いた











辿り着いたのは一件のお店だった
五月女透華
五月女透華
KAMADOベーカリー?
かまど?聞いたことあるな…………



どこで聞いたんだろ…………








カランカラン









いらっしゃいませ~‼️