無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

音声メッセージ
グク
グク
ちょっとみんな!
ユンギ
ユンギ
急に大きな声出してどうした
グク
グク
あなたからLINEが!
ジン
ジン
本当に?!
テテ
テテ
なんてきたの?
グク
グク
えっと…
グク
グク
音声メッセージだ
ポチッ
〜再生〜
you
you
じゃあここはどこなんですか…
??
君をここに閉じ込めるために作った場所
??
森の中奥深くの建物の中の地下
you
you
そうですか。
??
これで分かったでしょ
??
君を探している人達全員ここにはたどり着けないってこと
you
you
それはどうでしょう
??
どういうことだよ!
??
おい!
バン!
ドン!
ボコッ!
you
you
痛い!やめて!
you
you
助けて!
??
だから助けを求めても無駄だよ!
you
you
い、いたい…
you
you
たすっ、けて…
??
おい、気絶したしこいつ…


音声メッセージはそこで終わっていた
ジュン
な、なんですかこれ…
テテ
テテ
あなたは…
ユンギ
ユンギ
おい!早く行くぞ!
ユンギ
ユンギ
場所はあなたが命がけで教えてくれたんだぞ!
ケイ
そうですね。早く行かないと
ハミン
別の場所にあなたを隠すかもしれないですもんね
ラプモン
ラプモン
よしいこう!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

정 유나
정 유나
今日からよろしくお願いします! ちなみに私はグクペンです!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る